保育業界の中でも注目の成長企業【グローバルキッズ】で働くメリットとデメリット

グローバルキッズ

若い保育士が多く活躍する「グローバルキッズ」

「豊かに生きる力を育てる」を理念とするグローバルキッズは、「人を育てる」をスローガンとし海外研修を取り入れるなど、保育士の育成にも力を入れている成長企業です。

そんな注目の成長企業で働くメリットにはどんなものがあるのでしょうか。気になるデメリットについてもご紹介したいと思います。

「グローバルキッズ」のメリット

明確な理念

グローバルキッズは2018年11月現在、3072名が勤務しています。多くの社員を統率するためには、理念が明確でなければ同じ保育を提供することができません。そのため、グローバルキッズでは

企業理念:子どもたちの未来のために

を軸として共通認識となる軸を掲げています。

研修制度が充実

グローバルキッズの研修は、全職員対象や新卒、施設長や主任向けなど幅広いのが特徴

全職員対象研修

  • 保育者向け実践研修
  • 体を使ったあそび
  • 手づくりおもちゃ
  • わらべうた
  • 造形
新卒対象

  • 入社前研修
  • フォローアップ研修
  • 保育基礎研修
施設長・主任対象

  • 幹部研修
  • 施設長研修
  • サブリーダー研修

海外視察研修プログラム

「グローバルキッズ」では研修制度が充実している上、フィンランド視察とハンガリー視察も実施!

同じ志を持つ仲間がたくさんいると、横のつながりも広がりますし、異動を通して保育士としてのスキルアップを図ることもできるのです。

研修制度が充実しているかどうかは、保育のスキルを高める重要な要素になるので、保育士に対してどれくらい学びの機会を与えているかを確認することも重要なポイントです。

「グローバルキッズ」のデメリット

募集は東京・横浜・千葉・埼玉・大阪のみ

グローバルキッズは今後保育園を開設していくことが見込まれますが、現状では東京・横浜・千葉・埼玉・大阪のみしか募集を行っていません。

共通のルールが存在

グループ全体で3,000名を超えるスタッフがいるということは、守らなければいけなルールが存在するものです。マニュアル化されたものもあるため、臨機応変に対応するのではなく、ルールを守って保育をすることが苦手な人には向いていないかもしれません。

「グローバルキッズ」はこんな人におすすめ

  • 将来的には同じ保育園で主任や園長を目指したいと思っている人
  • 成長する企業の正社員保育士として働いてみたい人
  • 同年代保育士のネットワークを作りたいと思っている人
  • 施設数が多い会社で、異動しながら保育のスキルを高めていきたい!
  • 認可保育園で働きたい人
  • 結婚後も働き続けたいと思っている人

選考のステップ

  1. エントリー
  2. 書類選考
  3. 一次面接
  4. 二次面接
  5. 内定

質問・応募方法

グローバルキッズ

グローバルキッズの質問・応募画面

右上の「質問・応募はこちらから」をクリック

  1. 質問又は応募するを選択
  2. 保育士資格有り、又は資格取得予定を選択
  3. 希望の勤務地(東京・埼玉・千葉・大阪・その他から選択)
  4. 名前
  5. フリガナ
  6. 性別
  7. 生年月日
  8. 電話番号
  9. 住所
  10. メールアドレス
  11. 最終学歴
  12. 直近の職歴①
  13. 職歴②
  14. 職歴③

と記入していきますが、今勤務している保育園名を①に、今の保育園より前に勤務していた保育園を②に記載します。

  • 志望動機と自己PR

【履歴書・職務経歴書添付】を添付しますが、これは他の保育園に応募する時と同様、書類を郵送するのと同じだと考えてください。

添付の仕方が分からない人や、添付をすることに抵抗がある人は、質問や備考欄にその旨を書いて、連絡を取ってから選考の流れについて確認すると良いでしょう。

連絡の手段ですが、電話かメールを選択し、希望する時間帯を下記から選びます。

  • 9:00~12:00
  • 12:00~14:00
  • 14:00~16:00
  • 16:00~18:00
  • 18:00~20:00
  • その他

最後に利用規約と個人情報保護方針、応募条件を確認したら同意を押して送信すれば、質問又は応募が完了です。

グローバルキッズへの応募はこちらから

シェアする