パート保育士の面接、適切な服装選びのポイントとは。

パート保育士面接

パート保育士として保育園の面接を受ける事が決まったあなた。
面接ではどんな服を着ていけばいいのか迷っていませんか。

パートといっても、面接はあなたの人間性が確認される大事な場面の一つ。

そこで、即採用に結びつけるためのポイントについてご紹介していきたいと思います。

パートでも不採用になる場合もある

保育士 不採用

パート保育士として働く場合、フルタイムのパートや扶養の範囲内での勤務、そして空いている時間を活用する働き方など、勤務する時間の長さが違う場合があります。

どの働き方を選んでもパートという形態に代わりありませんし、保育園に入ったらパートも常勤も関係ありません。

保育園で働く職員の一人として見られるので、面接での人物確認は非常に重要になってきます。

服装や面接での言葉遣い、そして質問に対する答えが噛み合わない場合などは、保育園でも同じような事が想定されるため、不合格になるケースも少なくありません。

「パートでも不採用になるの?」と思ったあなた。

パート保育士だからと気軽に面接に行くと、期待した結果にならないということも考えられるので、面接が決まったら着ていく服装を一つずつチェックしていきましょう。

あわせて読みたい

面接での第一印象は大事!

パート保育士は常勤のサポートや、保育士の配置人数を満たすために入ってもらう大事なポジションですが、保育園は多くの人が出入りすることから、第一印象を重んじています。

アメリカの心理学者、アルバート・メラニアンが行った実験では、言語情報が7%、聴覚情報が38パーセント、視覚情報が55%とされるメラビアンの法則というものがあります。

これを面接に当てはめると、

メラビアンの法則

  • 言語情報:質疑や自己紹介などの話の内容が7%
  • 聴覚情報:パート保育士の話の速さや口調などが面接官に与える影響が38%
  • 視覚情報:服装などの見た目が55%

ということになります。

もし、あなたが面接官だった場合、
普段着で面接に着て、保育士としての経歴を自慢げに話し、しかも早口で話す保育士がいたら、「この人は保育園でも保護者に対してこのような話し方なのか」と疑問に思うのではないでしょうか。

この不信感がクレームや苦情につながることを回避するため、不採用となるのです。

面接時の服装

パート保育士であっても、面接の服装は「見た目」という点で非常に大事です!ではどのような点を注意したらいいのでしょうか。

基本はスーツ

面接の服装は、パート保育士であっても基本はスーツと考えておきましょう。

中にはスーツを持っていないという人もいるかもしれませんが、家庭に入っている主婦であっても、子どもの入学式や卒業式など、スーツを着る機会もあるものです。

絶対にダメなのが、私服で面接に行くということ。
スーツでもパンツスーツがいいのか、それともスカートかを悩む所ですが、どちらでも構いません。

スーツを着る時にはブラウスやストッキング、パンプスなど全身を整えて面接にのぞむようにしましょう。

面接の服装のマナーについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい

小物や髪型も注意して

パートであっても面接の服装は、合否を決める重要な要素になってきます
ちょっとした気の緩みであなたの人間性を判断されてしまうので、当日に備えて準備しておきましょう。

スーツはもちろんですが、アクセリーや当日持参するバッグ、そして髪型なども大事です。

それは、全てが一体となって、あなたの外見を示すため、マニュアル通りに整えても、小物がスーツと合っていなければ、せっかくの準備が台無しに・・・。

美容院で髪型を整え、メイク、アクセサリー、バッグ、小物もチェックするようにしましょう。

パート保育士の面接は人物重視

パート保育士は、常勤保育士のサポートとして入ってもらうので、保育や清掃、環境整備などを担当することになります。

簡単な仕事だからこそ、真面目に一生懸命取り組んでくれるかを面接で確認されます。
そのため、経験よりも人物重視!

  • 途中で投げ出さない人
  • 真面目に取り組んでくれる人
  • チームワークを乱さない人

これらの要素が外見となって表れるからこそ、服装で判断されてしまったら残念ですよね。
面接時間は10分から30分程度。
短い時間だからこそ、服装は大事になってくるのです。

問題なければ即採用

面接では経歴の確認や、勤務できる時間と曜日、そして勤務する上での希望などを聞き、問題がなければ、採用という流れになります。

人が不足している施設なら、なおさら早く入ってもらいたいので、面接で採用後のスケジュールについて話が進むかもしれません。

面接の場で即採用が決まったら嬉しいですし、採用後も想定して、

  • いつから出勤できるのか
  • 具体的に勤務できる時間と曜日
  • 連絡を希望する時間帯
  • 連絡先
  • 家庭の事情などがあればその場で伝えるようにしましょう。

不安なら面接対策を受けよう

パートの面接といっても、人柄を見られているというと、緊張するものです。
でも大丈夫!

いつものあなたが面接で表現できれば、即採用に結びつくかもしれません。

大事なのは服装や言動で判断されないように気をつけるということ。
でも、自分ではどの点を意識したらいいのか分からないものですよね。

不安な気持ちがあるなら、保育士の転職に特化した転職支援サービスを利用してみましょう。

「えっ!転職じゃなくて、パートで働きたいんだけど」と思ったあなた。

保育士の求人は多様化しており、保育士の売り手市場が続いています。

求められる仕事だからこそ、あなたに合った場所を見つけて採用に結びつけるためには、プロの力を借りて練習するのが一番!

転職支援サービスは無料で利用できますし、求人の紹介や面接対策もしてくれます。
自分に合った場所を見つけるためには、求人の量が多すぎて見つけることができません。

この機会に会員登録して、相談しながら進めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。パート保育士であっても、面接では手を抜いてはいけません!好きなことを仕事にするためにも、事前に準備して面接にのぞむようにしましょう。

面接対策をしてくれる転職支援サービス
トップへ戻る