【まとめ】保育士が退職する時期や注意点

退職の時期と注意点

今の職場を辞めようと思ったら、何からはじめたらいいのか分からないものですよね。

ここでは、退職にまつわる悩みや注意点について解説しています。

退職にはいろいろと気をつけなければいけないことがたくさんあるので、一つずつ見ていきましょう。

試用期間中に辞めたい時は?

試用期間

常勤または正社員保育士として採用された場合、ほとんどの法人で試用期間というものが定められています。それは、保育士を雇用して大丈夫かどうかという、お試し期間のようなものです。

しかし、保育士側が「この保育園は人間関係がきついから試用期間内で辞めたい」と思ったら辞められるのでしょうか。試用期間内で辞めるリスクと辞めるための準備について解説しています。

入って1ヶ月だけど辞めたい

1ヶ月で辞めたい

試用期間と同じように、入って1ヶ月だけど、辞めたいと思う職場があったら、辞める以外の選択肢と、早期退職を繰り返さないための対処法について解説しています。

年度途中で辞めるベストな時期は?

保育園は年度で運営しているので、子ども達を送り出してから辞めたい所ですが、ストレスがかかるようなら、決断しなければいけません。

年度途中で辞める場合、退職を伝えるタイミングや円満に退職するための方法を解説しています。

ダメな辞め方

保育士のダメな辞め方

どんなに嫌な職場でも、社会人の一人としてルールに則った辞め方をしなければいけません。

ここでは、次の転職活動に影響を与えてしまうような、ダメな辞め方について解説しています。

きれいな辞め方マニュアル

円満退職

退職できるかどうかの鍵を握るのが、退職理由です。

その中でも、受け入れられる理由を自分なりの言葉で考えておくことがポイントになります。

ここでは、退職を伝えた時にすぐに認めてもらえる理由と、きれいな辞め方をすることが、どのようなメリットがあるのかについて解説しています。

辞めたいのに言えない場合

「辞めたい」と悩んでいても、保育園に出勤するとどうしても言えないという人もいるのではないでしょうか。

でも、言えないのには理由があるのです。

ここでは退職を躊躇してしまう理由と、それぞれの対処法について解説しています。

引き止めに合わないための対策

引き止め調査

いざ退職を伝えた時、他の保育士と辞める時期がかぶってしまったら、引き止めに合う可能性が大です。

一緒に働く保育士ですが、実は身近なライバルなので、転職を考えるなら、他の保育士の動きもチェックする必要があるのです。

どんな点に注意したらいいのか解説しています。

円満に退職するための準備

年度途中に辞めるためには、きちんと保育園や法人のルールを守って手続きを踏めば辞めることは可能です。

こちらの記事では退職するための準備についてさまざまな角度から解説しています。

まとめ

退職とひとことに言っても、いろいろな悩みがあるものです。悩みによって対処法も変わってくるので、あなたの状況に近いものを選んで、円満に退職できるように準備を進めてみてくださいね。

トップへ戻る