40代で保育士資格を取得。未経験から仕事をするための選択肢とは

子育てが一段落して保育士の資格を取得したが、実務経験がない場合保育園で働くことはできるのでしょうか。

保育士は国が認めた国家資格の一つなのでやる気があれば、年齢なんて関係ありません。未経験からできる保育士の仕事についてご紹介したいと思います。

常勤保育士かパート保育士かの選択

保育士の資格を生かして働く場合、常勤もしくはパートという選択肢がありますが、あなたはどちらで働きたいと考えていますか?

「経験がないから常勤では難しいのでは?」と思うかも知れませんが、経験がなくとも常勤として働くことは可能です。しかし、実務的な面で先輩保育士に助けてもらう場面も出てくるので、常勤として働く場合については次の章で細かく説明していきたいと思います。

最初はパートからスタートして、仕事と家庭の両立ができるようになったら、常勤として働きたいと雇用変更する人もいます。

待機児童問題もあって、保育士が絶対的に不足しているため、経験がなくてもフォローできる体制があるため、未経験でも資格保持者は優遇される現状があります。

まずはフルで働く常勤保育士か、パートにするかを考えてみましょう。

パートで保育補助からスタート

少しずつスキルを身につけていきたいという人は、パートとして保育園に勤務し、保育補助からスタートする方法もあります。パートといっても仕事をしながら実務経験を身につけることができるのでおすすめです。

クラス担任の指示に従いながら、子どもたちに接することができますし、先輩保育士の動きや言葉がけを見ることができるので、一石二鳥なのではないでしょうか。

地道に保育補助の仕事を続けていると、クラス担任や主任、園長先生から「そろそろ常勤として働いてみない?」と声がかかることもありますよ。

保育補助のお仕事についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい

小規模の保育園なら丁寧に保育の仕事を教えてもらえる

資格を取ったからには、常勤として働きたいと思う人も多いものです。でも実務経験がなく不安な場合は、受け入れる人数が少ない小規模の保育園で働いてみることをおすすめします。

小規模保育園は0歳児から3歳児が対象で、定員も6人以上19人未満と人数が少ないので家庭的な雰囲気で保育できるのが魅力の一つ。

また、最近注目を集めている、企業内保育所や、病院関係者用に整備されている院内保育所なども、アットホームな保育をすることができます。コミュニケーションを取りながらスキルアップできる職場と言えるのではないでしょうか。

常勤の保育士といっても、いろいろな環境があります。ライフスタイルや自宅からの距離、そして、どのような保育環境で働きたいかによって、働く場所が選べる時代なので、このような情報を見ながらイメージしてみてくださいね。

あわせて読みたい

派遣保育士として経験を積む

子育て経験があり、ある程度子どもたちと接することに慣れている人は、派遣保育士という道もあります。派遣保育士は残業がなく、休日も取りやすいので安定した働き方の一つとして注目が集まっています。

3ヶ月や6ヶ月などの単発の他、1年毎の契約更新になるため、単発を利用して複数の圓のやり方を見るのもいいですし、地域性によっても保育園の雰囲気が変わってきます。

人と接することが好きな人や、なるべく多くの保育士と関わってみたい人、そしていろいろな保育園を見て、自分自身の引き出しを増やしたい人にはおすすめです。

保育士資格を生かして子ども達と関われる仕事はたくさんある

保育士の資格を活用して働く職場は保育園だけとは限りません。訪問型の病児保育や、ベビーシッター、そして小学生の放課後の保育を行う学童クラブや、児童館なども、保育士の資格を生かして働くことができる職場はたくさんあります。

小学生は会話が成立するので、話すだけでも楽しいですし、中高生は過去の自分と照らし合わせながら、今の若者が考えていることなどを知る機会につながります。

保育士資格=保育園だけではないので、あなたの個性や今後やりたいことなども踏まえて、さまざまな選択肢の中から選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

40代で保育士の資格を取得した、保育士ビギナーでも働く場所は多種多様にあります。不安な人はパートという道もありますし、子ども達と関わることができる仕事を希望するなら、もっと選択肢は広がります。あなたの希望や条件を再確認しながら、やりがいのある仕事を探してみましょう。

派遣保育士はメリットが満載
派遣保育士の働き方が気になった人は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。
mynavihoikushi
トップへ戻る