派遣保育士を辞める時の注意点と向いている人、向いていない人とは

派遣保育士として実際の現場に入るといろいろな問題に直面して挫折する人も少なくありません。

派遣保育士はご存知のように契約期間があるので、契約満了で辞めることは可能ですが、誰にどのように伝えたら良いのでしょうか。

具体的に辞める方法と今後の働き方についてご紹介したいと思います。
派遣保育士の詳細についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

派遣保育士を辞めたいと思う場面

派遣保育士は、契約期間に基づき、依頼のあった保育園で勤務することになりますが、派遣保育士が直面する問題は、常勤保育士とは違った側面を持ちます。

どのような事で辞めたいと思うのか、具体的な内容について見ていきましょう。

保育士との間に見えない壁が存在する

保育園の中には、常勤と非常勤、もしくはパートまたはアルバイトという働き方がありますが、派遣保育士は、派遣元から派遣されるため、この概念には当てはまりません。

そのため、同じ子どもを見ているのですが、第三者、つまりお客様という形で保育士側が見ていることが多く、保育士との間に見えない壁が存在するのです。

休憩時間の何気ない会話でも、気を遣われていると感じることもあるのではないでしょうか。

保育園の中で一緒に働いている仲間なのに、この見えない距離に悪銭苦闘している人も多いようです。

神経を遣う。気苦労が多い

保育士から気を遣われていると感じると、こちらも自然と気を遣ってしまい、お互いに気を遣うというサイクルに陥ってしまいます。

派遣保育士は時給での勤務なので、退勤するのが遅くなるとその分経費を圧迫してしまうので、派遣保育士を優先的に帰宅できるように声をかけます。
派遣保育士側は、気にかけてくれているのが分かるので、早めに帰るように心掛けています。

保育以外のことで神経を遣うことが多く、その分疲れてしまう人も多いのではないでしょうか。

担当する仕事が偏っている

保育園の中にはクラス担当やフリー、そして行事の担当分けが行われ、役割を元に日々の運営や行事を進めています。

運動会や発表会前は特に準備が多いので、残って作業することも少なくありません。

しかし、派遣保育士は契約期間があること。

そして残業はしないように指導を受けていることから、担当を任せてもらえず、基本的に保育に集中できるというメリットはあるのですが、ここでも疎外感を感じる人が多いようです。

一緒になって行事を盛り上げていきたい!と思っても、担当させてもらえなければモチベーションも下がってしまうのではないでしょうか。

ボーナスの時期には孤独感を感じる

派遣保育士の時給は高めですが、その分ボーナスがありません。
常勤保育士はというと、給与は低めですが、7月と12月にボーナスが支給されるので、ある程度まとまった金額を得ることができます。

ボーナスが支給される1ヶ月前位からテンションも上がってくるものです。

何を買おうか、そしてみんなで食事に行こうという話で盛り上がっているのを聞くと、ボーナスがもらえない派遣保育士は蚊帳の外になります。

ボーナスがもらえないということは分かってはいても、周りの反応を見ると悲しい気持ちになるものですよね。

契約期間に縛られる

最後は契約期間の問題です。
派遣保育士は派遣元と保育園とで契約を行い、契約に基づき派遣されます。

人間関係が悪い保育園なら、その期間、我慢すればいいですが、保育士と仲良くなり、保護者からも信頼されるようになると、できれば離れたくないと思うものです。

「この保育園は働きやすい」と思う場所に限って、契約期間の延長がない場合も。
仕事と割り切って子どもたちとさよならするのも辛いものですよね。

誰に退職を伝えたらいいのか

派遣保育士を辞めたい場合、誰に伝えたらいいのか迷うものですよね。
そこで、派遣の仕組みについて改めて見ていきたいと思います。

派遣保育士として働くあなたは、派遣元、いわゆる人材派遣の会社と労働契約を結びます。

勤務先の希望や待遇面を予め伝えておき、条件にマッチした保育園があった場合、人材派遣の会社と保育園とで派遣の契約を行われ、合意後、派遣保育士として派遣され勤務がスタートするのです。

つまり、退職の意向を伝えるのは、労働契約を結んでいる人材派遣の会社に、いつ辞めたいのかを伝えることになります。

退職を伝える時の注意点

ここで注意して欲しいのが、派遣されている保育園には期間が設定されているので、途中で辞めるとなると、別な保育士を配置する他、保育園にも説明をしなければいけません。

そのため、基本的には契約期間満了を持って退職するのがベスト!

そのためには、毎回条件をきちんと把握して、契約期間がいつからいつまでなのかをきちんとチェックしておくことです。

仮に12月までが契約期間だった場合、派遣元は別の保育園に空きがあった場合、あなたを紹介したいとスケジュールを組むため、早めに意思を伝えておく必要があります。

できれば、1ヶ月もしくは2ヶ月前に伝えておくと、次の仕事の紹介に支障をきたさないことになります。

派遣保育士を辞めるということは、今勤務している保育園を辞めるということなのか、それとも派遣自体を辞めて違う働き方を希望するのかも明確にして伝えるようにしましょう。

派遣保育士には合う人と合わない人がいる

そもそも派遣保育士という働き方があなたに合っていなかったのかもしれません。では、どのような人が派遣保育士としては向いているのでしょうか。

派遣保育士に向いている人→一匹狼タイプ

  • いろいろな保育施設で経験を積みたい人
  • 変化に対応できる人
  • 常勤の指示に抵抗がない人
  • 割り切って仕事ができる人
  • プライベートを充実させたい人
  • 仕事と家庭の両立を目指したい人

派遣保育士に向いていない人→101匹わんちゃんタイプ

  • 安定した職場で働きたい人
  • 指示をされるのが嫌な人
  • コミュニケーションを取るのが苦手な人
  • ストレスを溜めやすい人
  • 一人が嫌な人

派遣に向いているのは、人間関係に巻き込まれず一人でやっていける一匹狼タイプ。逆向向いていない人は、群れを作りたい101匹わんちゃんタイプかもしれません。

そもそもあなたの性格に合わないのなら、続けていても保育の仕事を楽しむことができません。派遣保育士以外の働き方について考えてみませんか。

派遣保育士以外の働き方

派遣には向いている人と向いていない人がいます。そして、結婚や出産などの節目でこのままで良いのかと考えるきっかけが訪れます。

せっかく取得した保育士なので、この機会に働き方を考えてみてはいかがでしょうか。

選択肢はたくさんあるので、あなたに合った働き方を見つけてみましょう。

長く働き続けるためには棚卸しと条件の整理が大事!

大事な人生の転機は自分を見つめ直すチャンスです。
次の職場は長く続けたいと思うなら、自分に合った施設形態と、希望する条件を明確にしなければいけません。

しかし、一人で何をどうやったらいいのか分からないものですよね。

そこで、転職をサポートするプロの力を借りて、保育園の中でもどの施設に向いているのかを相談しながら次の保育園探しをしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

保育士の働き方は多様化しています。辞めたいと思うことは逃げではなく、次のステージに進む第一歩かもしれません。あなたがあなたらしく働ける職場に巡り会えることを陰ながら応援しています。

トップへ戻る