【まとめ】保育士の需要と保育園を辞めた後の選択肢

再就職の不安

子どもはかわいいけど、保育園内の人間関係が辛い。続けるべきか、それとも退職を選ぶか迷っているあなた。その一歩が踏み出せないのは、再就職できるか不安だからなのでは。

そこで、保育士が求められる理由や、辞めた後の選択肢について考えてみませんか。中途採用の転職事情やブラック保育園の見極め方など見ていきましょう。

保育士はどれくらい社会から求められているの?

保育士の有効求人倍率

保育士は他の業種より求人が多く、保育士側が保育園を選べる時代です。

でも、どれくらい需要があるのか、厚生労働省が発表した資料を元に解説しています。

中途採用保育士の転職事情とは

保育士の中途採用

中途採用枠で転職活動をする場合の選考フローは、新卒の採用と大きく違います。

面接をしてその日のうちに内定を出す法人も増えてきました。

そのため、応募する保育園を慎重に選ぶ必要があります。そこで、転職の目的に応じた転職支援サービスの選び方について確認していきましょう。

保育士求人の具体的な探し方

転職進め方

保育士の求人は多いので、はじめて転職活動をするなら、基本的な進め方を知っておくと効率的に進めることができます。その中でも良い求人を見つけるにはテクニックが必要です。

そこで、転職の目的に応じた求人の探し方について見ていきましょう。

ブラック保育園の見分け方

ブラック保育園

保育園の求人を探す時、求人票のみの情報で選んでしまうと、実はブラック保育園だったということも少なくありません。

では、どんな保育園がブラックな職場なのか、働く環境、保育、保育園内の様子に分けて詳しく解説しています。

保育士から異業種への転職

保育士から異業種への転職

保育士の仕事を辞めて、違う業界で働く場合、注意しなければいけない点があります。

異業種に転職するメリットとデメリット。そして保育士の資格を生かした働き方について考えてみましょう。

同業他社へ転職

保育士の転職回数

社会福祉法人から別の社会福祉法人へ。また、株式会社から他の株式会社への転職など、同業他社への転職は今や日常的に行われています。

転職がしやすくなる反面、気になるのが転職回数の問題です。

転職から退職、そしてまた転職と繰り返してしまうと、どうしても印象が悪くなってしまうので、年代別にアピールできるポイントについて見ていきましょう。

株式会社で正社員保育士として勤務

正社員保育士の給与 求人

株式会社が保育業界に参入し、新しい保育園を次々に開設しています。でも、正社員保育士で働くメリットとはどんなものがあるのでしょうか。

気になる給与事情や求人の探し方を見ていきましょう。

派遣保育士

派遣保育士

派遣保育士にはメリットがたくさんあります。

でも、向いている人と、向いていない人がいるので、性格やライフスタイルに合わせて選ばないと、失敗してしまうことも少なくありません。

そこで、派遣保育士として働くメリットとデメリット、向いている人について解説しています。

公務員として公立保育園に勤務

20代のうちに転職を考えるなら、公務員試験を受け、公立の保育園で働くという選択肢もあります。

公務員を希望するなら早めに決断し、対策を取る必要が。

そこで、公立保育園の保育士になるメリットとデメリットについて解説しています。

パート保育士として勤務

パート保育士面接

仕事と家庭の両立が取りやすいのがパート保育士です。パートで入ってその後は常勤として雇用変更することも可能。

パート保育士と言っても服装や身だしなみ、態度によっては不採用になるケースもあるので、面接の服装選びについて解説しています。

まとめ

保育士の求人は多く、働き方や雇用形態など選べる時代です。選択肢が多いからこそ目的に応じたサービスを利用して賢く転職しましょう。

下記のおすすめ転職サービスもぜひ参考にしてみてくださいね。

トップへ戻る