株式会社の保育園で働くメリットとデメリット。不安や疑問を徹底調査

保育園で働くには、公立の保育園と私立の保育園で働くという選択肢があります。私立といえば、学校法人や社会福祉法人などが思い浮かぶかもしれませんが、株式会社が運営する保育園も増えてきているのをご存知ですか。

「保育園なのに、会社が運営しているの?」と思う人も多いのではないでしょうか。

そこで、株式会社の保育園で働くメリットとデメリットなど保育士が気になる疑問についてご紹介したいと思います。

株式会社保育園のメリット

直営保育園のブランド化

公立の保育園は、場所がすぐに分かるようにと、地域を入れた保育園名にするのに対して、株式会社が運営する保育園は、かわいい名前が多いものです。

保育園の名前でオリジナリティーを打ち出し、名前を統一することで、運営する法人が分かりやすいというメリットがあります。

こちらは、保育業界大手5社が運営する保育園の名前です。どれもかわいい名前ばかりです。

  • アスク保育園
  • プチ・クレイシュ保育園
  • にじいろ保育園
  • ピジョンランド保育園
  • ポピンズナーサリー
あわせて読みたい
こちらの記事では、保育業界大手が運営する保育園名を調べてみました。

東京都を中心に直営保育園を運営している会社もあれば、関東近郊や、全国展開をしている会社などさまざま。

株式会社が直営保育園を運営するメリットは、ネームバリューの拡散と、一括購入によるコストの削減、その他経営的なメリットが期待できます。

保育士側のメリットについて考えてみると、保育士同士の横のつながりができるというのが、大きな特徴です。

保育園が多ければ多いほど、働く仲間も増える。
悩みを相談し合える存在は非常に大きいものです。
会社によっては、福利厚生の一つとして、バーベキューやスポーツ大会を行って交流を深めるケースも少なくありません。

年に1度でも同じ会社で働く保育士が集まって活動をするというのは、仲間意識も高まり仕事へのモチベーションも上がるのではないでしょうか。

職場の人間関係に悩んだ時、異動で解決できるケースも

どこの保育園で働いても、全く悩みがないという保育士はいません。
みんな、何かしら悩みと向き合いながら、保育士の仕事を続けています。

人間関係や、保護者からのクレーム、給与や待遇の低さなど、我慢の限界を感じた時、保育士が直面するのが、退職という決断です。

退職して、一時的にストレスを回避したとしても、やっぱり子どもたちと関わりたいと転職を希望する保育士も少なくありません。

でも、転職となると、どのように活動を進めたらいいのか、そして新しい職場で馴染めるかどうかも悩みの種です。

株式会社が運営する直営保育園では、運営する行政は違っても、異動という選択肢があるのが大きな特徴です。

今の保育園とは合わなくても、他の保育園では保育士も違いますし、保育園全体の雰囲気も違うので、異動で悩みが解消されるケースも少なくないのです。

所属している株式会社は同じで、勤務する場所が変わるだけなので、引っ越しや新しい生活のための準備は必要ありません。

そんな保育園の悩みを解消すべく、株式会社の保育園には、マネージャーや、エリアマネジャーと呼ばれる管理職が在籍し、保育士が働きやすい環境を常に模索し続けています。

あわせて読みたい
複数の保育園を運営している会社なら、転職しなくても転勤や異動という形で問題を解決することも可能なのです。詳しくはこちらの記事をご覧ください

保育業界内の競争化で働きやすさが追求される

保育士の待遇は、同年代と比べるとどうしても低く、給与が低いことを理由に退職する保育士もいます。

しかし、今は待機児童対策のため、保育士は必要不可欠。
各社、採用の強化を図っていますが、まだまだ保育士が足りない状況が続いています。

そんな保育士不足を解消すべく、各社待遇の改善を図り、一人でも多くの保育士を採用に結びつけるため、保育業界内で競争化が起きているのです。

少しずつではありますが、保育士の待遇改善に向けての取り組みが行われているのは、ライバルがいるからこそ。

会社は、長く働き続けることができる環境を模索していることも頭に入れておきましょう。

保育園以外での勤務も可能

保育士としてキャリアアップを図ろうとすると、一般保育士から主任に昇格し、主任で経験を積んだ後、園長として保育園の管理を行うのが、代表的なキャリアビジョンになります。

しかし、主任もしくは園長が定年退職するか、異動をしないとそのポジションは空かないことになります。

そんな時に、新たなキャリアアップの道となるのが、本部での仕事です。

株式会社の保育園なら、保育園のマネジメントをする本部スタッフや、保育士の研修企画、採用を行う人事担当など、保育園以外で視野を広げることができるのです。

現場を知っている保育士だからこそ、一度現場を離れて管理する側に立ってみると、違った視点でものごとを見る力もつくので、大きなスキルアップにつながるのです。

ある程度本部として管理のスキルを学んだら、もう一度現場に復帰してもいいですし、復帰すると当時悩んでいた人間関係も、対人スキルで解消してあげることも可能。保育士の悩みにも寄り添ってあげることができるのです。

株式会社保育園のデメリット

経営難で閉鎖や縮小の可能性も

メリットがあるということは、当然デメリットもあります。株式会社は、営利を目的としているため、売上や利益がないと経営を存続することができません。

2017年4月に、姫路市の私立認定こども園で、保育士の水増し運営や、定員以上の受け入れなど、かずかずの不正運営が明るみになり、認定が取り消され、閉園に追い込まれる事例がありました。

株式会社の保育園も信頼が第一ですので、信頼を失うような事態があった場合、このように閉園に追い込まれる可能性もあります。

最終的には経営陣による判断になりますが、明日から急に閉園します。ということはなく、事前に経緯の説明や、今後の動きについては会社側からは必ず説明はあります。

保育士としてできることといえば、正当な運営を継続することです。
これを一人ひとりの保育士が守り、全うすれば、倒産や閉鎖ということにはなりません。

若手保育士が多く、保育の質が懸念される

保育園では、若い保育士もいれば、中堅やベテラン保育士などが在職し、年齢のバランスは必要不可欠です。
お母さん的な保育士もいれば、お姉さんや親戚のおばさんのような保育士など、家庭的な雰囲気は子どもを保育する上で非常に重要です。

しかし、経験が長いとそれだけ経験が加算され給与も高くなり、人件費が圧迫されることになるので、新卒や、第二新卒など若い保育士を採用したいという意向があります。

若手の保育士が多いと、経験年数が浅くても、育成担当として新人保育士を育成する立場にならざるを得ませんし、現状維持の保育になってしまい、保育の質が上がらないという懸念も生まれるのです。

これを改善するためには、一人ひとりが子どもたちのためにどうすべきかを日々模索し、日々自己研鑽を積むこと。
若手であっても、中堅であっても、常に初心を忘れず、子どもたちのためにどのようなことを提供したらいいのかを日々模索し続けることです。

若手保育士はその意欲を高く持ち、経験がある保育士は積極的に保育士を育てようという環境が成立すると、年齢や経験値に関係ない保育が提供できるのではないでしょうか。

保育業界大手の給与事情

正社員保育士のメリットとデメリットについて考えてみました。
でも気になるのは給与事情ですよね。
ここからは。保育業界大手と呼ばれる5社について、同じ条件で給与について調べてみました。
検索条件
勤務地:東京都
雇用形態:正社員
施設形態:認可園

 新卒(短大専門卒)新卒(大卒)中途採用
JPホールディングス168,000175,000243,000
株式会社こどもの森200,000202,000205,000
ライクキッズネクスト株式会社223,000225,000223,000
ビジョンハーツ株式会社設定なし200,700204,200
株式会社ポピンズ210,300224,300224,300

この表を見ると、新卒でも短大や専門卒と、大卒では金額が違いますし、中途採用は社会人経験を踏まえた給与設定であることが分かります。

実際に比較してみると、やはり高い給与を設定している法人が気になるものですよね。
でも、正社員として働くなら、給与も大事ですが、労働条件全般に目を向ける必要があります。

株式会社は待遇や条件に違いがある

株式会社が運営する保育園は、保育園を経営して利益を生み出す必要があるため、業績によって昇給や賞与の金額も変わってきます。

では、どのようなことを意識して正社員として働く会社や保育園を選んだら良いのでしょうか。

優先したいのは給与or待遇or人間関係?

基本給はあくまでも保障される月給の一つなので、プラス@で手当がつくかどうか、そして中途採用ならどれくらいの経験加算がつくかどうかが非常に重要なポイントになってきます。

そして年収に大きく関わる要因として、

  • 昇給額
  • 賞与の回数と金額
  • 待遇や福利厚生

などが挙げられます。

給与や年収を確保したいのかそれとも、休日や研修制度が充実している保育園を選ぶのか
保障は他の保育園と比べると低くなるが、人間関係が良い保育園で長く働きたいと思うのか優先するものによって、働く場所が全く変わってくるのです。

正社員保育士の求人の探し方

保育士の求人は新聞の折り込みチラシやフリーペーパー、インターネットでも募集している状況です。
目にする機会が多ければ多いほど、検索して自分でも探せるのではと思ってしまうかもしれませんが、募集要項に書かれている条件を読み解く難しさが潜んでいます。

基本給と書いてあっても、手当が込の場合もあれば、経験により異なる場合は、面接で聞かなければ具体的な金額は分かりません。

何をどうやって選んだらいいのか分からず、最終的には月給で決めてしまい、入ってみたら違っていたと思うと、その先続けていけるかどうかも不安ですよね。

求人広告で目にした情報を元にインターネットで直接応募したことがある人もおいるかもしれませんが、実は直接応募は損をしてしまう可能性があるので注意が必要です。

直接応募は給与の交渉が期待できない

上記の保育業界大手の中で、気になった保育園のホームページから採用情報に入り、希望する勤務地を選択して応募したとします。

担当者から連絡が入り、履歴書の送付を指示されるか、もしくは直接面接というステップに入る会社も少なくありません。

保育士の資格を持っていて、特に問題がない人物の場合は、すぐに採用に向けて話が進んでいきます。

会社側は早く保育士を配置したいという思いから、面接の当日に採用に向けて話を進めることも増えてきました。

採用前提の面接ということがなんとなく分かってくると、安心するものですが、この流れでは希望する金額の交渉が言いづらい状態に陥ってしまうのです。

配属される保育園の紹介や、勤務を開始する日にちの確認。具体的な勤務についての話が進んだ後、給与を提示されたとして、もしその金額が思っていたより低かったら、あなたはその場で「もう少し給与をあげてもらえることはできますか」と交渉できるでしょうか。

ほとんどの人が、躊躇してしまうかもしれません。
そのため、給与の金額は妥協したくないという人は、保育士の求人を扱うプロに相談するのが一番なのです。

保育士専門の転職支援サービスを利用する

いくら無料でも、知らない人に相談して果たして条件に合う保育園を見つけることができるのか、不安に思うものです。

しかし、保育士不足により、保育園を運営する会社は保育園の開園と保育士の採用、そして退職に伴う補充が追いついていない状況があります。

そんな保育園の状況を知り尽くしているのが、保育士専門の転職支援サービスです。
給与や手当、賞与の額や保育園や会社の評判などを情報として持っているので、希望する条件を伝え、それに近い保育園を紹介してくれることが可能!

無料で会員登録できるのは、保育士1人を紹介すると紹介料が発生するという仕組みで成り立っているので、転職を希望する保育士は、このサービスを利用しない手はありません。

給与の条件交渉も任せることができる

募集要項に基本給が書かれ、経験により異なると書かれている場合は、経験加算として基本給に上乗せしてもらえる可能性があります。

しかし、経験加算の相場がいくらなのか、どのように交渉したら上げてもらえるのかは、現場で働く保育士には想像がつかないものです。

給与は高いに越したことはありませんが、交渉術を身につけるより、保育に関する知識を学んだ方が実践につなげられます。下手に交渉して印象が悪くなるより、会社同士で決めてもらったほうが気持ち的にも楽ですよね。

希望通りになるかどうかは、時期やタイミング、コーディネーターの腕にかかっているので、希望を叶えてくれる転職支援サービスを見つけることが、給与アップにつながるのです。

まとめ

いかがでしたか。保育園を運営する法人が多様化している中、正社員として働くメリットを知ることは大事な情報収集の一つです。入ってみてやっぱり違ったということがないように、事前に調べてその先は転職のプロに相談しながら進めてみてくださいね。陰ながら応援しています。

保育エイド

保育エイドは、人間関係が良い保育園のみを扱っています。長く働く上で保育園内の人間関係が良いのは必要不可欠!人間関係で失敗したくない人は、保育エイドのサポートを受けてみましょう。

hoikunoosigoto

保育のお仕事は、毎月1,500名ほどの登録があり、仕事探しにまつわるさまざまな情報を提供しています。

その際、良い情報はもちろんですが、気になることも伝えてくれるので、入職後に求人票と違ったというミスマッチを防ぐことができるのです。

スピーディーできめ細かいサービスを受けた人は、保育のお仕事がおすすめですよ。

mynavihoikushi

マイナビブランドでお馴染みのマイナビ保育士は、転職や人材紹介に特化した会社で、幅広背世代から支持されています。

マイナビ保育士は、今まで培ってきたノウハウをキャリアアドバイザーが丁寧にサポート!

信頼と実績があるマイナビブランドは、はじめての転職はもちろん、40代以上で転職を始める人の心強い味方になってくれます。

トップへ戻る