保育士のボーナスの平均ってどれくらい?年代・性別ごとに徹底比較

保育士として働きながら、給与に不満を持っている人も多いのではないでしょうか。
お金に関する話はあまり人には聞けないので、他の人がどれくらいもらっているのかは気になる部分ですよね。

そこで、厚生労働省が調査した「保育士等に関する関係資料」を元に、年代別にもらっているボーナスと月収、そして年収を徹底調査してみたいと思います。

あなたは平均よりも上なのか、それとも・・・。
知りたいけど聞けないお金の事について見ていきましょう。

ボーナスの平均

厚生労働省の調査によると、男女別の平均は下記のようになりました。

  ボーナス 月収 年収
 男性保育士 ¥    636,000 ¥239,400 ¥ 3,508,800
 女性保育士 ¥    569,400 ¥214,400 ¥ 3,142,200

これらの金額は手取りではなく、この金額から各種年金や保険、所得税などが引かれて支給されます。

この金額は振り込まれるのではないので注意してくださいね。
手取りの目安としては、個人によって控除されるものが違うので、一概には言えないのですが、75~85%ほど。およそ80%と考えて計算してみてください。

女性保育士がもらう平均のボーナスが569,400円と書いてあると、「そんなにもらっていない!」と思うかも知れませんが、ボーナスの回数は法人によって違うので、あなたの保育園では何回支給されるのか確認しておきましょう。

1回のみの支給ならボーナスの平均とされる569,400円から天引きされて振り込まれますが、2回なら、これを2で割った284,700円が1回ずつ夏と冬に支給されます。

これは全世代の平均ですが、あなたがもらっているボーナスや給料と比べてどうしたか。
続いて、男女年代別に分けて細かく見ていきたいと思います。

女性保育士の平均ボーナス・月収・年収

女性保育士の平均ですが、同じく厚生労働省の発表によると以下のような結果になりました。

 年齢 ボーナス 月収 年収
20~24歳 ¥    352,500 ¥    185,100 ¥ 2,573,700
25~29歳 ¥    555,200 ¥    198,700 ¥ 2,939,600
30~34歳 ¥    548,900 ¥    209,500 ¥ 3,062,900
35~39歳 ¥    630,400 ¥    219,900 ¥ 3,269,200
40~44歳 ¥    702,500 ¥    234,700 ¥ 3,518,900
45~49歳 ¥    670,900 ¥    233,700 ¥ 3,475,300
50~54歳 ¥    688,300 ¥    247,100 ¥ 3,653,500
55~59歳 ¥    848,400 ¥    270,800 ¥ 4,098,000

20代から30代、30代から40代と経験を積むとボーナスも高くなりその結果年収も上がっていることが分かります。

年代別に見ると将来的にこれ位もらえるという見通しが持てるのではないでしょうか。

あなたが貰っている金額は平均と同じ位でしたか?それとも上でしたか?
平均を知ると自分の給与が高めなのか、低いのか分かるので、この結果を見て改めて給与明細を確認してみましょう。

男性保育士の平均月収・手取り・ボーナス・年収

次は男性保育士についてです。

厚生労働省の「保育士等に関する関係資料」によると、平成25年度の保育士登録者数は1,186,000人のうち、女性保育士は1,136,000人に対して、男性保育士は50,000人という事が分かっています。

これを全体の比率に換算すると、男性保育士の割合は4.2%ということに。

しかし、あくまでも保育士として登録した人数であって、実際に勤務しているかどうかは分からないため、実態は4%以下と考えて良いでしょう。

それを踏まえて、男性保育士の給与事情を見てみると以下のような結果になりました。

 年齢 ボーナス 月収 年収
20~24歳 ¥ 278,000 ¥193,900 ¥ 2,604,800
25~29歳 ¥ 604,600 ¥213,900 ¥ 3,171,400
30~34歳 ¥ 718,200 ¥244,600 ¥ 3,653,400
35~39歳¥ 1,091,700 ¥294,500 ¥ 4,625,700
40~44歳¥ 1,158,000 ¥359,400 ¥ 5,470,800
45~49歳 – – –
50~54歳¥ 1,026,500 ¥327,400 ¥ 4,955,300
55~59歳 ¥840,600 ¥336,200 ¥ 4,875,000

20代前半と20代後半を比較すると、ほぼ倍の支給になり、年齢と経験を積むと相応に増えて行くことが分かります。

他の業種や同年代と比較すると、低い傾向にありますが、これから男性保育士の活躍の場が広がり、制度が充実していけば、給与体系も確立し年収アップにつながるのかもしれません。

あわせて読みたい

ボーナスの額と回数が年収を左右する

あなたのボーナスが平均より上か下か確認することはできましたか?
上なら今の環境が恵まれている事になりますが平均よりも下なら、ショックですよね。

ボーナスは年収を左右するものだけに、高いか低いかは気になる部分ですが、着目して欲しいのはボーナスの支給に対する法人の考え方が非常に重要なポイントになってくるのです。

数字が並んで良く分からないという人も、大事な部分なので細かく見ていきましょう。

ボーナスの仕組み

ボーナスとは、別名賞与とも呼ばれ、江戸時代の商人が奉公人に8月のお盆と12月の年末に氷や餅代として配ったことがはじまりとされます。

現在では7月と12月にボーナスとして支給する法人も増えてきましたが、労働基準法ではボーナスの支給に関する規定はありません。

はじめから基本給に含めボーナスを支給しなくても違法にはなりません。
逆に、人件費を抑えるため基本給を低めに設定し、ボーナスで還元するという方法も。
でも、入ってみてボーナスがないと分かったらショックですよね。

では、どのようにボーナスの金額を決めているのでしょうか。

大きく分けて人事評価制度と定額方式という方法があります。

人事評価制度とは一人ひとりの評価に応じて支給する金額を変える。
それに対して定額方式はがんばっている人もそうでない人も一律というものです。

最近では、評価制度を用いて支給する法人も増えてきています。

ボーナスの計算方法は法人によってまちまちですが、分かりやすい例を一つ紹介してみたいと思います。

ボーナスの計算方法(参考)

例えば保育士の評価制度を取り入れている保育園があったとします。
7月と12月に支給するため、個人ごとに目標設定を行い、その達成度を園長が査定し、評価を決めます。

評価はランク付けされ、ランクによって支給される月数が変わるという仕組みです。

下記の例では、評価がSの場合は基本給の額に1.5倍した金額がボーナス額となり、D評価なら基本給の半分しか支給されないということになるのです。

評価: 評価係数
S :1.5ヶ月
A :1.2ヶ月
B :1.0ヶ月
C :0.8ヶ月
D :0.5ヶ月

園長は保育士と面談し、目標の設定と達成度について確認をし、保育士の評価を法人に提出し、金額が確定します。
上記の評価は一例であり、法人によって評価係数やランクのつけ方はまちまち。

また、働く保育士が多い場合は、一律で金額を決めて支給するケースも少なくありません。

具体的に基本給が違うAさんBさんCさんを例にとってどのように計算されるのか見ていきましょう。

  • Aさん基本給:200,000円
  • Bさん基本給:220,000円
  • Cさん基本給:250,000円

【保育の目標に対する園長の評価】
Aさんは毎日真面目に取り組み、分からないなりにも、保護者と積極的にコミュニケーションを取っている。みんながやりたがらない掃除や他の保育園との交流行事の提案や実施など保育園の運営に大きく貢献したことから、S評価

Bさんは、遅刻が多く勤務態度に少々問題あり。保護者からのクレームも複数と多く改善の意思が見られないことからC評価

Cさんは、経験はあるが、若手保育士の育成に消極的で、一般保育士からの評判も悪い。しかし、地域からの信頼も厚く、地域の対応に力を発揮してくれたことから、B評価

という査定になったとします。
この場合、だれがどのくらいの金額になるか分かりますか?
答えはこちら

評価評価係数 Aさん
基本給:200,000円
Bさん
基本給:220,000円
Cさん
基本給:250,000円
S1.5ヶ月¥           300,000¥           330,000 ¥      375,000
A1.2ヶ月¥           240,000¥           264,000 ¥      300,000
B1.0ヶ月¥           200,000¥           220,000 ¥      250,000
C0.8ヶ月¥           160,000¥           176,000 ¥      200,000
D0.5ヶ月¥           100,000¥           110,000 ¥      125,000

基本給が一番低いAさんが300,000円
Bさんは176,000円
Cさんは250,000円という結果に。
この金額から保険や税金などが引かれて手取り額として支給されます。

仕事をがんばった事が評価として返ってくるのに対して、定額方式の場合、基本給に関係なく全員が100,000円や50,000円と法人が決めた額がボーナスになってしまうのです。

基本給は低めでもボーナスの考え方次第で年収UP

毎月手にする給与は、高ければ高いに越したことはありませんが、実はボーナスの支給に対する考え方が年収に大きく影響してくるのです。

つまり、評価制度を導入していれば、がんばれば自分に返ってくるのに対して、定額方式なら年収の予測が立てづらくなります。

毎回業績に応じて変わることを考えると、前回は100,000円のボーナスが50,000円に下がってしまったら年収も下がることになってしまうのです。

このボーナスの支給については、就業規則で定めている法人が多いのですが、難しい文言が並んでいるので理解しづらいという難点があります。

そして気になる評価制度についても、保育士に対して評価をきちんと伝える所もあれば、査定の資料として使用しフィードバックしない所も。

フィードバックがなければ、自分の評価が分かりませんし、結果的に明細を見て判断するしかないのです。

でも、一例ですがこのような仕組みが導入されていることが分かれば、求人票を見る時のポイントも変わってくるのではないでしょうか。

手当の有無で手取りがUPする

ボーナスがもらえたとしても、手取りは生活に密着するものなので、できることなら少しでも多くしたいものですよね。

基本給は経験や年数に応じて決められてしまうのに対して、手当は該当する人が申請することで付与されるので、手当の有無で手取り額を増やすことも可能!

手当は法人によってまちまちなので、就業規則を見るか、人事担当者に確認して該当するかどうかチェックする必要があります。

手当の一例としては以下のようなものが考えられるので、該当するか一度相談してみましょう。
【手当例】

  • 資格手当
  • 通勤手当
  • 特殊業務手当
  • 住宅手当
  • 扶養手当
  • 家族手当
  • 地域手当
  • 皆勤手当
    etc

【福利厚生のお祝い金制度】

  • 結婚祝金
  • 出産祝金
  • 入学祝金
  • 傷病見舞金
    etc

これらは自己申告の場合がほとんどなので、知っているのと知らないのとでは大違いですよね。
今まで手当について知らなかった人は、この機会に確認してみてはいかがでしょうか。
基本給に手当がプラスされると、手取り額もアップするので、ぜひ調べてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか。周りの保育士がどれくらいボーナスをもらっているのかは非常に気になる部分ですが聞くに聞けないのが現実。

また、年代別の平均を知ると、今の職場が恵まれているのか、そうでないのかも明らかになります。上記の平均を参考にして、今後のキャリアデザインを考えるヒントにしてみてください。

保育エイド

保育エイドは、人間関係が良い保育園のみを扱っています。長く働く上で保育園内の人間関係が良いのは必要不可欠!人間関係で失敗したくない人は、保育エイドのサポートを受けてみましょう。

hoikunoosigoto

保育のお仕事は、毎月1,500名ほどの登録があり、仕事探しにまつわるさまざまな情報を提供しています。

その際、良い情報はもちろんですが、気になることも伝えてくれるので、入職後に求人票と違ったというミスマッチを防ぐことができるのです。

スピーディーできめ細かいサービスを受けた人は、保育のお仕事がおすすめですよ。

mynavihoikushi

マイナビブランドでお馴染みのマイナビ保育士は、転職や人材紹介に特化した会社で、幅広背世代から支持されています。

マイナビ保育士は、今まで培ってきたノウハウをキャリアアドバイザーが丁寧にサポート!

信頼と実績があるマイナビブランドは、はじめての転職はもちろん、40代以上で転職を始める人の心強い味方になってくれます。

トップへ戻る