転職を考えるシングルマザー保育士におすすめする求人の探し方

一人で子育てをしているシングルマザーは、年々増加傾向にあります。
シングルマザーの子育ては想像以上に大変!

一人で子どもを育てていくのは、金銭的にも厳しいものがあり、保育士を諦めて他の業種に転職する人もいます。

そこで、シングルマザーで転職を考える保育士におすすめする求人の探し方についてご紹介したいと思います。

子どもとの生活を考えて優先すべきこととは

シングルマザーとして転職をする時に考えて欲しいのが、子どもの生活を最優先にしなければいけないということです。

生活費を考えると、どうしても給与が高い保育園に目が行ってしまいますが、あなたが子どもを守り育てていかなければいけません。

給与を優先すると、その分シフトの調整が難しい場合や、休みが取りづらいということもあり、子どもにしわ寄せが行ってしまいます。

では、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

土日休みで週末は家族の時間を作る

子どもが小さい場合は、保育園に預けて仕事をすることになります。
小学生になると少し手がかからなくなりますが、親子の時間は大事なコミュニケーションの一つなので、土日の休みが確保されている保育園を探すようにしましょう。

日曜日は休みでも、土曜日に出勤する保育園も多いものです。

考え方によっては、「土曜日に出勤して平日に休めるから良いのでは?」と思うかもしれません。しかし、子どもの生活リズムを考えると、固定で休める場所を探した方があなた自身もリズムが作りやすくなるのではないでしょうか。

子どもの生活時間を優先して残業がない保育園を探す

保育園を利用する場合は、お迎えの時間のリミットもありますし、急に人が足りなくなったので、残業をと言われても対応することができません。

お迎えの時間も日によって違うと子どもも不安になりますし、生活のリズムが安定しないことにつながります。

そのため、基本的に残業がない保育園を選ぶようにしましょう。

「土日が休みで、残業がない保育園なんてあるの?」と思ったあなた。
これらの条件を網羅する保育園はズバリ、企業内保育所です。

社員の福利厚生のために設置された保育園なので、基本的には土日が休みで、定時でお迎えにくるので残業はありません。

企業内保育所についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

子どもの病気はママが守る

保育園や学校などの集団生活では、感染症にかかって休まなければいけないことも少なくありません。

「シフトに入っているから絶対に休めない!」という時に限って、熱が出て泣く泣く変わってもらった経験がある人も多いのではないでしょうか。

本人もできれば保育園や学校にも行きたい。
そんな時には親であるあなたが守ってあげなければいけないのです。

保育園に甘えて休ませてもらうことも大事!
でも、保育園はシフトで動いているので、休みが取りづらい現状があります。
急な体調不良でも休みが取りやすいのは、受け入れる園児が少ない小規模保育園がおすすめです。

小規模保育園は家庭的な雰囲気の中で保育をしているので、家族のような感覚でお互いをサポートし合える体制が整っています。

最初からお互いにフォロー仕上げる体制が整っているのは、気持ち的にも大きな安心につながるのではないでしょうか。

手当の差で生活のレベルが変わってくる

給与は高いに越したことはありませんが、実は福利厚生でさまざまな手当の充実を図り、保育士の待遇改善を見直している保育園も増えてきています。

例えば、家賃の一部を補助してくれる住宅手当や、子どもを養育している家庭に支給する児童手当や扶養手当、その他、保育園では保育士の資格は必須ですが、保育士の資格手当として毎月手当を支給している法人もあるのです。

これらは5,000円から10,000円程度と、手当の種類によってさまざまですが、毎月の給料が少しでも上乗せされれば、年間を通して余裕も生まれてきます。

手当の有無は月に数千円でも年間に換算すると大きな違いになります。
なるべく手当や福利厚生が充実している保育園を選ぶようにしましょう。

ここで注意したいのが、手当の確認の仕方。

求人票では分からないものもたくさんあり、支給の対象になるかどうか判断ができないものもあるので、保育士の求人を扱う転職支援サービスを活用してみてはいかがでしょうか。

登録は無料!

転職支援サービスについてはこちらもチェックしてみてください。

シングルマザーにおすすめの職場

企業内保育所は正社員待遇が受けられる

土日が休みで残業がない事業所内保育所は、会社の社員という待遇になるので、正社員として働くことになります。

昇給や賞与、そして福利厚生も正社員と同じ待遇が受けられます。
そして会社の規模が大きければ大きいほど待遇面も期待できますし、何より正社員という保障は働く上で安心ですよね。

社会福祉法人の待遇は公務員並み

学年が上がるに連れて、塾や習い事の費用もかかってきますし、子どものやりたいことを優先してあげたいというのも母心ですよね。

留守番ができる年齢なら、給与を優先した求人を探してみるのもおすすめです。

求人を探す時に月給に目が行ってしまいがちですが、賞与が支給される月数によって年収が大きく変わるので、保育園を選ぶ時には年収ベースで探すのがポイント!

でも、基本給に手当が含まれているかどうか、賞与の計算方法など分かりづらいものです。
株式会社や学校法人が運営する保育園には、法人によって規定がバラバラ。

それを一人で探して見極めるのは非常に難しいのが現状です。

それに比べて社会福祉法人は、営利を目的せず保育園を運営できるため、会社の売上となる部分を保育士に還元することができるのです。

公務員は、在職した期間に応じて数千万単位の退職金が支給されるのと同じように、退職金も完備しているため、公務員並みの待遇が期待できるのは嬉しいポイントですよね。

退職金が出るかどうかは、非常に大きな差になるので、学費や将来への備えという意味でも社会福祉法人はおすすめです。

社会福祉法人は待遇が良いことから、なかなか退職者が出ず、求人がないという特徴もありますが、新規に開設する保育園で求人が出た時は狙い目ですよ。

シングルだからこそ保護者に寄り添える

シングルマザーという言葉は、離婚やひとり親家庭を連想させるので、どうしてもネガティブに見えてしまうのではという懸念があります。

しかし、一人で子育てするということは、強い意志がなければできません。

そして保育園に通う保護者の中には、シングルマザーもいるので、シングルマザーの悩みは当事者であるあなたが一番分かり、寄り添ってあげられるのです。

経験がある保育士が励ます言葉と、同じ境遇のあなたが伝える言葉では、伝わり方も変わってきます。

あなたが勇気づけられた言葉や、がんばろうと思ったことを、さりげなく声をかけてあげてみると、同じシングルマザーの大きな励みになるかもしれません。

シングルマザーは、離婚やひとり親家庭を連想させるので、どうしてもネガティブに見えてしまうのではという懸念があります。

笑顔で働くママを見ると子どもは嬉しい

資格を取り、保育士としての夢を実現させることができたあなた。
しかし人生には良いこともあれば、乗り越えなければいけない壁もあります。

シングルマザーになったことは、決してネガティブなことではなく、次のステップに進むための道だと考えると、今しかできないことを精一杯努力する時期だと思えますよね。

子どもを育てるには、さまざまなお金がかかります。
しかし、努力した結果はいつか必ずあなたと家族に返ってくるので、やりたい仕事を優先して後悔のない人生を送りませんか。

給料が高い、他の業種に転職したとすると、今度は経験がないことで別な悩みも発生してきます。毎日子どもたちと接しながら、保育のスキルを高めることに集中すれば、きっと条件が良い保育園とも巡り会えるかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたか。シングルマザーは、働くママにとっては重荷になるワードのひとつかもしれませんが、あなたを一番近くで応援してくれている子どもたちの存在も忘れないでくださいね。がんばっているママの姿が、子どもにとっては最高の幸せですよ。仕事と育児の両立ができる保育園に巡り会えることを応援しています。

トップへ戻る