【まとめ】保育士の恋愛と結婚、仕事と家庭の両立に関する悩み

保育士の恋愛と結婚

保育士として働き始め、1年、2年と経験を積んでいくと、少しずつ気持ちに余裕も生まれてくるものです。

同僚や先輩保育士が結婚することを聞くと、そろそろ私も結婚したいと思う人も少なくないのでは。

保育士は一生働ける仕事ですが、子育てや体力的な問題を考えると、その時々に働き方を変えるという方法もあります。

そこで、女性が働く上で直面する悩みについて考えてみたいと思います。

保育士同士の恋愛はOK?

保育士恋愛

保育園は女性の保育士が多いので、男性との出会いは限られています。男性といえば、お迎えに来るパパがいますが、既婚者なので恋愛の対象外。

そして、最近増えつつある男性保育士ですが、保育士同士の恋愛はどうなのでしょうか。

気になるメリットとデメリットを探ってみました。そして、出会いを求める女性に意識して欲しいポイントも解説しています。

結婚しても良い年齢は?

保育士の結婚

保育士が結婚しても良い年齢は何歳位だと思いますか。

結婚はおめでたいことですが、タイミングを間違えてしまうと、働きづらくなってしまうことにつながるため、注意が必要です。

ここでは、結婚に関して気をつけるポイントを解説しています。

結婚後の働き方

保育士の結婚

保育士が結婚した場合、仕事を続けるか、それとも家庭に入るのか、いろいろな選択肢が考えられます。

まずはご主人と将来について相談し、その上で、家族にとってベストな方法を見出してみませんか。

ここでは、結婚後の働き方として5つのプランを紹介しています。

仕事と家庭の両立の問題

仕事と家庭の両立

結婚後はどの働き方を選んだとしても、仕事と家庭の両立は切っても切り離せません。

ご主人や家族の協力があっても、お迎えが遅くなった場合は残って対応しなければいけませんし、その都度判断して進めていく必要があります。

考え始めるとあれもこれも不安になりますが、がんばっている先輩はたくさんいるので、難しく考えず、効率的に行うための方法をチェックしてみませんか。

子どもの成長に合わせて働き方を変えることができるのも、保育士として働くメリットの一つです。早速見ていきましょう。

保育士として働きながら妊活はできる?

保育士の妊活

保育士の仕事は、華やかに見えて実はストレスと隣り合わせ。日々のストレスから、なかなか子どもを授かることができないという人も増えています。

仕事をしながら妊活をする場合、どのような点に注意したらいいか解説しています。

保育士の妊娠順番ルールは守るべき?

姙娠順番ルール

保育園の中には、結婚した人から先に妊娠をするという、「妊娠順番ルール」という暗黙のルールが存在します。

なぜ、妊娠の順番待ちをしなければいけないのか。妊娠を希望する場合はどのようにしたらいいのかを解説しています。

もし、あなたの保育園で、妊娠を待っている保育士が10人以上いるとしたら、あなたの妊娠も先になってしまうことになるのです。

出産年齢や、子どもの人生にも関わることなので、確認していきましょう。

仕事復帰に対する不安

仕事復帰不安

最後は、結婚、妊娠、出産を経て育児休暇を取得した場合、仕事復帰に対する不安を感じる人も少なくありません。

どんな悩みがあるのか。今から準備できることはないのか。備えておきたいポイントについて解説しています。

まとめ

結婚や出産は、働く場所によって対応もばらばらです。肩身の狭い思いをするぐらいなら、早めに環境を変えて、ストレスがかからない職場を探しをしましょう。

もし、転職するなら、下記の転職サイトがおすすめです。こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

トップへ戻る