保育士の皆さん。こんな悩みを抱えていませんか?

保育士の悩み
保育士の仕事は華やかに見えて、ストレスと隣合わせです。

「もう限界!保育園を辞める」と転職を決意する人もいれば、続けていれば変わるのではないかという期待を持ちつつ、子どもたちに関わっている人も少なくありません。

そんな辛い状況を少しでも軽減するべく、あなたの悩みを解決するヒントを見つけてみませんか。

このページでは、悩みに応じた記事を紹介しています。
気になるキーワードが合ったらその先に解決できるヒントが隠されているかもしれません。
早速チェックしていきましょう。

保育園を辞めたい

保育園辞めたい

保育園を辞めたいと一言にいっても、職種によって置かれている状況が違います。
辞めたいと思った時にどんなことに注意したらいいのか、見ていきましょう。

退職する時期

辞める決意をしたら、退職する時期を決めなければいけません。

クラス担任を持っている場合、年度途中で辞めることは可能なのか、そして他の保育士と退職する時期がかぶらないように、時期を見極める必要があるのです。

退職する時期をいつにしたらいいのか、タイプ別に見ていきましょう。

辞め方のポイントや注意点

退職するおおよその時期を決めたら、次は辞める準備が必要です。円満に退職するための方法について見ていきましょう。

ここで注意しなければいけないのが、引き止めに合ってしまい、退職を撤回するかどうかの選択を迫られること。

せっかく退職の意思を固めたのに、引き止められたら、また同じ悩みと向き合わなければいけないことになってしまいます。

引き止めに合わうことも意識して、退職する時期と転職活動を並行して行い、「給料を上げるから残って」という言葉に惑わされないようにしましょう。

退職した後は?

退職した後のことは考えていますか。
保育士には、退職後の選択肢がいくつかあります。

大事なのは、退職を伝える前にどのような道を選ぶのか考えておくことです。
どの方法があなたにとってベストなのか見ていきましょう。

転職の難しさと保育士の需要

転職は職場が変わると同時に、生活スタイルも大きく変わります。

そのため、転職のハードルは決して低いものではないので、保育士がどれだけ社会に求められているのか、転職の難しさや保育士の需要について頭に入れて置く必要があります。

保育士の求人が多い分、ブラック保育園を見極める視点も必要になってくるので、年代別の保育士の需要なども踏まえて、転職活動に対するイメージを少しずつ膨らませておきましょう。

転職活動の進め方

はじめての転職活動は右も左も分からないものです。

履歴書や職務経歴書の書き方、面接での立ち振舞、そして内定はもらえたけど、辞退する場合など、転職活動を進めていく上で気をつけるポイントを確認していきましょう。

年代別に転職活動で注意するポイント

保育士の需要は多いですが、年代別に気をつけなければいけないポイントがあります。
ここでは年代別に注意するポイントをまとめています。
年代によって気をつけなければいけない点が変わってくるので、ぜひチェックしてみてください。

転職にまつわる悩み

何回か転職を経験している人は、転職活動のやり方も分かっているのではないでしょうか。その経験の中で感じた悩みについて、改めて確認していきましょう。

次の転職は最後にするためにも、不利になる要素はあらかじめ考えておく必要があります。

転職ノウハウ

インターネットやSNSの普及により、転職活動のためのノウハウが公開されています。
その中でも今のあなたに合ったものを選び、活用していかなければいけません。

知っているのと知らないのとでは、保育園の選び方も大きく変わってきますし、給与や年収にも違いが出てくるのです。
気になるものからチェックしてみてください。

保育園を辞めるべきか迷っている

悩み

保育園で働く中ではさまざまな悩みがつきまといます。
退職まではいかないけど、どうにかしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

保育士が抱える悩みについて、さまざまな角度から少しでも問題の解決につながるように解説しています。
少しでも当てはまるというものがあったら、チェックしてみましょう。

人間関係に対する悩み

保育士としてのキャリアプラン

その他の悩み

まとめ

少しでも迷いや不安があるなら、早めに解決するために、情報収集や使えるサイトは有効活用してみてはいかがでしょうか。保育士の仕事は保育が一番大切な仕事です。でも、心身共に健康でなければしわ寄せがきてしまいますので、早めに対処するようにしてみてくださいね。

保育士が転職サイトを利用するメリット

「転職サイトは使った方がいいの?」と迷っているあなた。もし迷っているのなら、本当に必要な情報を見落としているかもしれません。

転職活動に必要な情報とは・・・求人票に記載されていない現場の様子です。人間関係が良好かどうか。保育士の定着率は高いか、経験に応じた労働条件が整備されているかどうかなど、他にもチェックすべき項目はたくさんあります。

でも、マイナス要素は応募者が減ってしまうので公開しません。そんな情報を提供してくれるのが転職サイトなのです。

転職サイトでは、保育業界に精通したコーディネーターが保育園の様子や求人の情報を日々チェックし、悪い情報も含めて提示し、転職活動をサポートしてくれるので安心!でも、やみくもに登録しても意味がありません。

では、どんな点に注意したらいいのかというと、転職サイトを利用する時の注意点は以下の5つです。

  1. 転職サイトは複数登録すべし
  2. 希望する地域に対応するサイトを選ぶべし
  3. コーディネーターのヒアリング力を見極めよ
  4. 転職に「妥協」なし!保育経験者が在職しているサイトを選ぼう
  5. 一般には公開されていない非公開求人はキャリアアップのチャンス!非公開求人を扱うサイトも要チェックすべし。

今まで転職サイトの存在を知らなかった人は、登録してサービスを利用してみましょう。

トップへ戻る