保育士の皆さん。こんな悩みを抱えていませんか?

保育士の悩み
保育士の仕事は華やかに見えて、ストレスと隣合わせです。

「もう限界!保育園を辞める」と転職を決意する人もいれば、続けていれば変わるのではないかという期待を持ちつつ、子どもたちに関わっている人も少なくありません。

そんな辛い状況を少しでも軽減するべく、あなたの悩みを解決するヒントを見つけてみませんか。

このページでは、悩みに応じた記事を紹介しています。
気になるキーワードが合ったらその先に解決できるヒントが隠されているかもしれません。
早速チェックしていきましょう。

保育園を辞めたい

保育園辞めたい

保育園を辞めたいと一言にいっても、職種によって置かれている状況が違います。
辞めたいと思った時にどんなことに注意したらいいのか、見ていきましょう。

 今すぐ辞めたい 無断欠勤したい
 公立保育士を辞めたい 新卒だけど保育士辞めたい
 主任保育士を辞めたい 派遣保育士を辞めたい
 パート保育士を辞めたい 保育補助を辞めたい

退職する時期

辞める決意をしたら、退職する時期を決めなければいけません。

クラス担任を持っている場合、年度途中で辞めることは可能なのか、そして他の保育士と退職する時期がかぶらないように、時期を見極める必要があるのです。

退職する時期をいつにしたらいいのか、タイプ別に見ていきましょう。

 試用期間中に辞めたいと思ったら 入ってまだ1ヶ月だけど辞めたい
 年度途中で辞めたい 退職するのにベストな時期とは

辞め方のポイントや注意点

退職するおおよその時期を決めたら、次は辞める準備が必要です。円満に退職するための方法について見ていきましょう。

ここで注意しなければいけないのが、引き止めに合ってしまい、退職を撤回するかどうかの選択を迫られること。

せっかく退職の意思を固めたのに、引き止められたら、また同じ悩みと向き合わなければいけないことになってしまいます。

引き止めに合わうことも意識して、退職する時期と転職活動を並行して行い、「給料を上げるから残って」という言葉に惑わされないようにしましょう。

ダメな辞め方  きれいな辞め方
 辞めたいのに言えない場合 引き止めに合わないために
 円満に辞められる退職理由

退職した後は?

退職した後のことは考えていますか。
保育士には、退職後の選択肢がいくつかあります。

大事なのは、退職を伝える前にどのような道を選ぶのか考えておくことです。
どの方法があなたにとってベストなのか見ていきましょう。

 異業種へ転職  同業他社へ転職
 株式会社で正社員保育士 派遣保育士
 公立保育園 パート保育士

転職の難しさと保育士の需要

転職は職場が変わると同時に、生活スタイルも大きく変わります。

そのため、転職のハードルは決して低いものではないので、保育士がどれだけ社会に求められているのか、転職の難しさや保育士の需要について頭に入れて置く必要があります。

保育士の求人が多い分、ブラック保育園を見極める視点も必要になってくるので、年代別の保育士の需要なども踏まえて、転職活動に対するイメージを少しずつ膨らませておきましょう。

 保育士求人の量と倍率 年代別保育士の需要
 保育士求人の探し方 ブラック保育園の見極め方

転職活動の進め方

はじめての転職活動は右も左も分からないものです。

履歴書や職務経歴書の書き方、面接での立ち振舞、そして内定はもらえたけど、辞退する場合など、転職活動を進めていく上で気をつけるポイントを確認していきましょう。

 履歴書と職務経歴書の作成方法 応募書類の郵送方法やマナー
 園の見学 面接の服装
  パート面接の服装 保育士が不採用になる理由
面接で分かるブラック保育園の見分け方 内定後連絡が来ない場合
 保育園から複数内定をもらい迷ったら 内定を辞退したい場合
 内定後入職までの準備 効率的な転職活動の進め方
 転職サイトを使えば時間と求人の精査が可能

年代別に転職活動で注意するポイント

保育士の需要は多いですが、年代別に気をつけなければいけないポイントがあります。
ここでは年代別に注意するポイントをまとめています。
年代によって気をつけなければいけない点が変わってくるので、ぜひチェックしてみてください。

 20代保育士
 30代保育士
 40代保育士

転職にまつわる悩み

何回か転職を経験している人は、転職活動のやり方も分かっているのではないでしょうか。その経験の中で感じた悩みについて、改めて確認していきましょう。

次の転職は最後にするためにも、不利になる要素はあらかじめ考えておく必要があります。

 転職回数は不利になる?  退職理由

転職ノウハウ

インターネットやSNSの普及により、転職活動のためのノウハウが公開されています。
その中でも今のあなたに合ったものを選び、活用していかなければいけません。

知っているのと知らないのとでは、保育園の選び方も大きく変わってきますし、給与や年収にも違いが出てくるのです。
気になるものからチェックしてみてください。

転職活動の進め方失敗しない求人の探し方
中途保育士転職のコツ求人票の見方や注意点
保育士の転職でありがちな失敗例転職にまつわるQ&A
snsを使った転職活動保育園ランキングに入るような職場の探し方
人間関係が良い職場の見つけ方給与アップ
年収アップ経験加算
給与手取り正社員保育士給料
ボーナスの平均ボーナスに潜む罠
非公開求人園長求人の探し方
転職フェア活用法40代未経験保育士の転職
40代ブランクあり保育士の転職保育士の転職相談は誰にしたらいいのか
エリア別転職サイト選び方転職サイトおすすめ
口コミの信憑性

保育園を辞めるべきか迷っている

悩み

保育園で働く中ではさまざまな悩みがつきまといます。
退職まではいかないけど、どうにかしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

保育士が抱える悩みについて、さまざまな角度から少しでも問題の解決につながるように解説しています。
少しでも当てはまるというものがあったら、チェックしてみましょう。

人間関係に対する悩み

 ドロドロの人間関係 園長と合わない
 主任がむかつく 保育観が合わない
 先輩保育士との関係 保育士のいじめ
 園長や主任、先輩保育士からのパワハラ 保育士同士の悪口
 後輩保育士をどう育てたらいいの 保育士の性格が悪い
 保育士1年目の悩み 仕事に行きたくない

保育士としてのキャリアプラン

 保育士同士の恋愛 結婚しても良い年齢は?
 結婚後の働き方 保育士の仕事と家庭の両立
 保育士として働きながら妊活 保育士の妊娠順番ルール
 仕事復帰に対する不安

その他の悩み

 体力の限界 仕事がきつい
 転勤・異動に対する不安 仕事以外で付き合わない方法
 体調不良 未経験で不安
 保育士に嫉妬 シングルマザー保育士
 保育園内にある変なルール 職場環境に対する不満

まとめ

少しでも迷いや不安があるなら、早めに解決するために、情報収集や使えるサイトは有効活用してみてはいかがでしょうか。保育士の仕事は保育が一番大切な仕事です。でも、心身共に健康でなければしわ寄せがきてしまいますので、早めに対処するようにしてみてくださいね。

元保育士が経験を元に求人を紹介する「保育エイド」

保育エイドのおすすめポイント! 
  • 人間関係の良い保育園のみを紹介
  • 求人紹介を利用した保育士の満足度は97.1%の高水準!
  • 保育エイドを利用しているのは年間で15,000人以上(1日当たり約41.6人が利用)
  • 女性のコーディネーターが丁寧に対応してくれるので安心

とにかく保育士同士の人間関係が良い職場を希望するなら「保育エイド」がおすすめです。

「保育エイド」についてもっと知りたいという人はこちらの記事もチェックしてみましょう。

 
わたしの保育のおすすめポイント! 
  • 3つの働き方から選べる
  • 登録 or 就業で無料の保育研修が受講できる(受講者満足度は99%)
  • 求人検索機能が充実!使いやすい
  • 専任のアドバイザーが丁寧にサポート
「わたしの保育」は、自分で調べたいという人や、相談しながら進めたいとう人など、どちらのタイプにも柔軟に対応してくれます。

「わたしの保育」についてもっと知りたいという人はこちらの記事で細かく解説しています。

ほいてんパートナーのおすすめポイント! 
  • 全国の保育士求人に対応
  • 非公開求人を多数保有
  • 履歴書の書き方から面接対策などすべてお任せできる
  • 入職後のアフターフォローも万全
  • 自分で求人検索ができる
  • 自分で探しながら相談して決めたい人におすすめ
求人票にはのっていない情報を教えてくれるので、入ってみて違ったということがありません。初めて転職するなら、ほいてんパートナーがおすすめです。

「ほいてんパートナー」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
タイトルとURLをコピーしました