保育士未経験で不安。前向きになるための6つのヒント

保育士として働ける事になったけど、経験がないことで不安な日々を過ごしていませんか。

そこで、仕事をスタートさせる前に考え方を変えるヒントについてご紹介したいと思います。

これを読んで前向きな気持ちになれたら幸いです。
早速見ていきましょう。

不安を感じる理由とは

保育士は、施設によって受け入れる年齢は違うにせよ、保育が仕事の柱になります。

子育て経験があっても、自分の子どもと、預かる子どもにでは接し方が違いますし、どうやって子どもたちと接したらいいのかという漠然とした不安があるものです。

その他、

  • 仕事と家庭の両立ができるかどうか。
  • 体力が持つかどうか。
  • 職場でうまくやっていけるかどうかなど。

考え出したらキリがありません。

どんなに経験を積んだベテランの保育士でも、新しい職場に転勤になった時は緊張するものです。

そして、保育園で働く全ての保育士が、初出勤日という壁を乗り越えて少しずつ仕事を覚えていくことを考えると、気持ちも楽になるのではないでしょうか。

初出勤日は、新たな保育士人生のスタートと考えると、気持ちも引き締まるものですよね。

実はこんなにたくさん未経験保育士はいる

参考:厚生労働省「保育士等に関する関係資料」

厚生労働省が調査した「保育士等に関する関係資料」によると、平成25年度の時点で、保育士資格を登録した人は、119万人なのに対して、実際に社会福祉施設等で働いている保育士は43万人。

その差になる76万人の人が、潜在保育士という計算になるのです。

全国で76万人もの人が、ブランクありの状態、もしくは保育士未経験であることが分かると、不安に思う必要はないのです。

あなたなら大丈夫!

前向きになるための6つのヒント

保育士の資格を持っていても、働いていない潜在保育士が多い中、これから働くためにはどんな点に注意したらいいのでしょうか。

具体的なヒントについて見ていきましょう。

保育士は働きながらスキルを高める仕事

保育士は何年経験を積んでも終わりはありません。
新人保育士として仕事を覚え、中堅保育士となり新人の育成に携わるようになる。

そしてベテラン保育士は、リーダーシップを取りながら、保育士がスキルアップできるよう、サポートしていくことが求められます。

「保育士10年の経験があるから、全て完璧!」とはならないのです。
何年経験を積んでも、得られる事はたくさんあります。

それは、新人でもベテランでも感じ方や捉え方が違っても同じこと。
働きながら保育の質や技術を身につけていく仕事だと考えると、がんばろうという気持ちになれるのではないでしょうか。

経験がなくても、これから学んでいけばいいんです!

経験がないことを最初に伝える

保育の経験がないことは恥ずかしい事だと思っている人もいるかもしれませんが、誰もがみんな保育士1年生からスタートしているので、決して恥ずかしい事ではありません。

むしろこれから仕事を教えてもらう立場になりますし、迷惑をかけるかもと心配なら、最初に
「経験がないのでいろいろ教えてください」
「よろしくお願いします」
と伝えておくと相手も、あなたに合った伝え方を見つけてくれるかもしれません。

経験がないのに、知ったか振りをするよりも、これから勉強してくという姿勢を見せた方が、一緒に働く仲間も安心するのではないでしょうか。

コミュニケーションを意識しよう

経験がないことで不安になり、不安から表情も曇ってしまうものです。
ガチガチに緊張してしまい、普段のあなたが出せないと職場に馴染むのも時間がかかってしまいます。

そこで、経験がないからこそ実践できるのが、コミュニケーシンなのです。
仕事の基本でもある報告・連絡・相談
この中ですぐに実践できるのが、子どもたちの様子を伝える「報告」です。

何をどの程度まで伝えたら良いのか分からないかもしれませんが、気になったことは「報告をする」

報告漏れがあるより、報告が多いに越したことはありません。

あなたから率先して話すことで、コミュニケーションが生まれますし、少しずつお互いのことも分かってくるものです。

先輩保育士からの報告にも耳を傾けて、報告の仕方を真似てみましょう。

そして仕事で分からない事があった時にはその場で判断せず、質問して指示を仰ぎます。

このような報告と質問を繰り返していくことで、あなたの仕事に対する姿勢を見せることができ、少しずつ信頼関係につながっていきます。

また、休憩時間や出退勤で保育士と一緒になった時、仕事以外の話でコミュニケーションを取るべく、「雑談力」を磨きましょう。

これは、天気やニュース、話題のお店やスポットなど、豆知識やいろいろな事を知っていると、会話も弾みますし、お互いに信頼関係ができてくれば、経験年数は気にならなくなるためです。

ただし、一方的に話すのはNG!
会話のキャッチボールができるよう、相手の反応も見ながら話すネタのチョイスをしてみましょう。

現場の保育士はウェルカム。むしろ入ってもらえて助かる

経験がない保育士は仕事ができるのかどうかとう不安がありますが、現場で働く保育士はどのように思っているのでしょうか。

「経験がないなら入って欲しくない」
と思うでしょうか。

むしろ、逆で新しい先生が入ることで、保育園の雰囲気が変わる場合もありますし、体制が悪くシフトの調整が多いことから開放されるので、助かると思っていることも。

あなたも、職場に新しい人が入るとしたら、
「どんな人が入るんだろう。楽しみだな」
と思うのではないでしょうか。

経験がないから拒絶されるのではなく、経験がないからこそ、一緒にがんばっていこうと思っていることが分かると安心するものですよね。

毎日の積み重ねが信頼関係を作っていく

保育士という仕事は、何年経験してもゴールはありません。
その分、毎日の積み重ねが、保育観を作り、保育の質を高めるのです。

働く場所を与えてもらっていることに感謝し、保育に復帰できたことは素晴らしいことです。

その気持を持ちながら仕事をすれば、きっとあなたの熱意が伝わるはず。

一生懸命さや、ひたむきさ、熱心に努力する姿は信頼関係につながっていくので、短時間で受け入れてもらうことは考えず、地に足をつけて、粘り強く仕事に励むようにしましょう。

保育園はチームワークが大事!人と人との協力が要

保育園では、保育士の他、栄養士や調理師、看護師など、多くの人が力を合わせて子どもたちの成長をサポートしています。

経験がなくても、チーム力を大事にし、積極的にコミュニケーションを取るように心掛けていくことが重要です。

保育士はもちろんですが、影で支えてくれているスタッフとの連携も忘れずに。
慣れてくると、廊下ですれ違った時に簡単な報告ができる他、雑談ができる余裕も生まれてくるものです。

保育士をはじめ、子どもたちに関わる全ての大人が楽しそうに仕事をしている姿は、子ども達も見ていて嬉しいもの。

笑顔で仕事に取り組めるよう、実践してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか。経験は仕事をしていく上で後からついてくるものです。不安な気持ちもあるかもしれませんが、受け入れる保育士側はあなたが保育園に来てくれることを待ち望んでいるので、その気持に答えるべく、コミュニケーションを取りながら慣れていってくださいね。

トップへ戻る