保育士の非公開求人って何?クローズドにする理由と応募するための方法とは

保育士の求人を探す中で、限られた人しか見ることができない、非公開求人があるのをご存知ですか?その存在を知っているのと知らないのとでは、給与や年収も大きく変わってくるものです。

そこで、給与アップやスキルアップを目指す人におすすめする、非公開求人の探し方についてご紹介したいと思います。

保育士の非公開求人とは

保育士を採用するときには、法人のホームページで募集をする他、ハローワークや民間の職業紹介に依頼して、保育士を紹介してもらう方法があります。

しかし、待機児童解消のため、保育園を新しく開設する動きもある中で、保育士獲得はもはや戦国時代!

保育士を効率的に採用するためには、いろいろな手法が用いられていますが、公開されず極秘で採用を進めるのが「非公開求人」と呼ばれます。

非公開、つまり、極秘の状態で募集をするにはさまざまな理由が存在します。
それぞれの理由について細かく見ていきましょう。

非公開にする4つの理由

非公開求人として極秘に募集をするには、さまざまな理由がありますが、ここでは代表的な4つの理由についてご紹介していきたいと思います。

確定していない保育園の園長や主任候補

新設保育園には園長や主任の管理職が必要不可欠になります。

法人内の異動で対応出来る場合と、新規の採用しなければいけない場合もあり、保育園の開設が確定している訳ではないので、極秘で進められることになります。

もし、園長募集という求人があったとしたら、スキルアップを図りたいと思っている応募者が殺到します。

ましてや、新設保育園で、給与が高いとなれば、非公開にするのも納得するのではないでしょうか。

保護者に不安を与えないため

現在運営している保育園で、保育士の募集が頻繁に出されると、預けている保護者は不信感を抱くことになります。

それは、保育士がコロコロ変わる保育園で安定した保育ができるのかという思いからです。

求人の情報を公開せずに、非公開で保育士を集めるのも、混乱を回避するという点で有効な手法になります。

経験な年代など対象を絞って採用するため

保育園には経験年数や年代、男女比などバランスを考えた配置をしなければいけません。
20代の保育士が多い場合や、男性保育士の比率が多くても、バランスが悪いというクレームにつながります。

保育園では、保育士からの退職の申し出があった場合、ある程度、経験年数や年代、性別など、希望する条件を伝えて採用活動を行いますが、それに見合った人はなかなか採用できない現状があります。

間口を広げて、保育士の募集を続けていると、面接にも労力がかかりますし、適正な人員配置にはなりません。

そのため、退職した保育士と同等の経験を望む場合などは、非公開にして人材紹介会社から希望に見合った人材を紹介してもらい、運営の継続を図っているのです。

応募が殺到してしまうことを避ける目的

非公開求人の多くは、待遇が良いため、公開することで応募が殺到してしまいます。
応募者が多ければ多いほど、面接も難航しますし、人選するための労力もかかります。

保育士の採用を効率的に進めるため、採用する人物像を絞り、ある程度人員が確保されてはじめて公開という方法を選択する保育園も増えているのです。

非公開求人の待遇例

非公開求人は、待遇が良いことから注目度も高く、限られて人しか見ることができません。では、どれくらいの待遇が提示されているのでしょうか。

その一例を紹介すると、以下の3点が大きな特徴になります。

  1. 月額24万円以上
  2. 賞与4ヶ月以上
  3. その他福利厚生が充実

月額24万円以上がどれだけ高いのかというと、厚生労働省の「平成28年賃金構造基本統計調査」によると、下記のような金額が保育士の平均でもらえる月収や年収の目安になります。

平均年齢 勤続年数 平均月収 平均賞与 平均年収
保育士平均 36.0歳 7.7年 223,300円 588,200円 3,267,800円

これによると、保育士として8年のキャリアを積んで223,300円という平均月収なので、240,000円以上は平均よりも高いことが分かります。

そして賞与はというと、240,000円✕4ヶ月=960,000円!
平均の賞与額588,200円よりも371,800円も高いのです。

これはあくあまでも一例なので、この金額が提示されるわけではありません。しかし、退職や転職するタイミングと、転職活動をスタートする時期によっては、十分高額案件を狙えるのは大きな魅力なのではないでしょうか。

非公開求人に応募するには

非公開求人の仕組みが分かってきた所で、ぜひ応募してみたいと思った人も多いのではないでしょうか。

しかし、残念なことに個人ではこの非公開求人を見つけることはできません。
方法としては、保育士の求人を扱う転職・求人サイトに登録して、経歴と希望する条件を伝えた後、非公開求人を紹介してもらう形になります。

保育園の求人を紹介してもらっても、応募するかどうかは、あなたの判断になるので強制されることはないので安心してください。

非公開求人を紹介してもらえる転職サイト

保育士の求人を扱う転職支援サービスでも、全ての会社が非公開求人を扱っているとは限りません。

大事なのは、非公開求人を紹介してくれるサイトに登録するということです。

非公開求人を扱う転職支援サービスは以下の5社なのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

  1. 保育のお仕事(全国対応)
  2. 保育士バンク(全国対応)
  3. 保育情報どっとこむ(全国対応)
  4. 保育ぷらす+(全国対応)
  5. 保育士WORKER(全国対応)

複数のサイトに登録して非公開求人の違いもチェック

保育士の求人を紹介する会社は増えていますが、1社だけではなく、複数のサイトに登録するのがポイントです!
それは、それぞれの保育園がどの会社に非公開求人を依頼しているか分からないためです。

A社ではA保育園とB保育園の非公開求人を募集していたとしても、C保育園とD保育園の非公開求人は扱っていないということも。

それを見つけるのが、複数のサイトに登録することなのです。
緊急度が高ければ、同じ求人でも会社によって待遇が違うこともあるかもしれません。

登録しなければ分からない情報なので、複数登録してあなたにあった最適な求人を見つけてみましょう。

保育園で働く希望の条件をまとめておく

ベストなタイミングで、好条件の保育園に転職するためには、希望する条件を事前にまとめておくことが重要です。

月給や賞与の額はもちろん、福利厚生で外せない項目など、具体的に考えて欲しい項目についてはこちらの記事で解説しているので参考にしてみてください。

非公開求人の内定を取るためには面接対策も必須

非公開求人は、人材紹介会社から紹介してもらわないと応募することができません。

紹介してもらっても、応募するかどうかはあなたの判断になるので、条件が合わなければ断っても大丈夫!

でも、応募するとなったら、非公開求人ということで面接のハードルも高いことを意識しましょう。

志望動機や今までの経験、保育で大切にしていることなど、面接官に確認されます。

非公開求人を応募する時には、面接対策も事前に準備が必要です。

面接対策というと不安に思うかもしれませんが、登録した会社ではコーディネーターがしっかりサポートしてくれるので、面接についても一緒に相談してみましょう。

非公開で応募したことは内密に

非公開求人の紹介から応募、面接を経て内定をもらい入職が決定したら、いよいよ新しい職場でのスタートです。

希望の条件に近く、しかも待遇が良いならなおさらモチベーションを上げて仕事に向き合うことができます。

しかし、ここで注意してほしいのが、非公開求人で応募したことを他の保育士に話すことは厳禁!

さまざまな理由があって、保育園側は非公開で応募しているので、保育園側では非公開で求人が出されていることを知らない可能性もあります。

待遇ももしかしたら、今働いている保育士と差がある可能性もあるのです・

新しく入った保育士の方が高い給与だとしたら、良い気持ちはしないですよね。

そのため、非公開で応募したことは内密に。自分を守るためにも、人間関係を良好に保つためにも気をつけるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。保育士の非公開求人には、待遇や条件面に魅力があるため、求人が殺到してしまうという側面と、さまざまな理由があって水面下で募集が行われています。非公開求人は転職支援サービスに登録すると紹介してもらえるので、この機会に相談してみてはいかがでしょうか。