【マイナビ保育士】を利用するメリットと使いやすさ

保育士の求人を探す時、どのような点を意識して求人を選んだら良いのでしょうか。

保育士の求人を扱う企業は年々増えていますが、今回は、マイナビブランドとして有名な、「マイナビ保育士」を利用するメリットや使いやすさについて紹介したいと思います。


東京・神奈川・千葉・埼玉の求人を紹介

求人を探す時に重要になってくるのが、扱っている地域です。
いくら求人数が多くても、希望するエリアの求人がなければ、登録するメリットはありません。

もし、関東近郊を希望していないのなら、「マイナビ保育士」では求人を紹介してもらうことができないことになります。

マイナビ保育士を運営する株式会社マイナビは、千代田区に本社を構える他、新宿オフィスや西東京支社、八王子営業所など、首都圏を中心に支社や営業所を多数保有しています。

支社や営業所が多いということは、それだけフットワークも軽く、保育士の求人獲得のための営業も強化されていることが伺えます。

それぞれの保育園の魅力を伝えるため、

  • 保育園のおすすめポイント
  • 会社・仕事の魅力
  • 社員インタビュー
  • 募集要項

上記の項目が細かく記載され、書面からも職場の雰囲気を知ることができるのは、地域に特化しているからかもしれませんね。

求人数は非公開

「マイナビ保育士」は、関東近郊の保育士求人を扱っていますが、求人数は非公開です。
全体の求人数は気になる所ですが、求人検索をする際、エリアごとの求人数は確認することができます。

探したい地域の情報が得られれば、他の情報は求職者にとってあまり意味がありません。
東京都内で探している場合、神奈川と埼玉県の情報は必要ないですし、都内でどれくらい求人数があるかが分かれば、この中から選ぶというイメージを持つこともできるためです。

マイナビブランド、ロゴマークに秘められた想い

マイナビは「株式会社毎日コミュニケーションズ」という毎日新聞の関連会社として創立したのがはじまりで、その後新卒向けの「毎日就職ナビ」として2007年3月にスタートしました。

この「毎日就職ナビ」が通称「マイナビ」として略され、2011年10月に企業とブランド名を統合した株式会社マイナビが発足したのです。

マイナビブランドといえば、マイナビのMとナビのNが掛け合わされたマイナビWaveのロゴマークが有名ですが、このロゴマーグにもマイナビの想いが込められています。

ロゴマークに込められた思い
「わたし」の成長のきっかけ。「わたし」の成功のきっかけ。
マイナビは、働く、学ぶ、さまざまな
「わたし」の人生をサポートします。
引用:株式会社マイナビ

成長や成功のきっかけとなるべく、マイナビが人生のサポートをする。
ロゴマークに秘められた想いからも、求職者に対する優しさを感じることができるのではないでしょうか。

プライバシーマークを取得

求人を選ぶ時は、好きな時間に検索ができるというメリットがあります。しかし、簡単に検索できるため、個人情報が流出した事例を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

保育士の個人情報を扱う事業者には、求職者の情報を守らなければいけない義務があります。

そんな個人情報保護に対して取り組みを行っている事業者に付与されるのがプライバシーマークです。

プライバシーマークは通称Pマークとも呼ばれ、「JIS Q 15001個人情報マネジメントシステム要求事項」(PMS)を策定している企業に認定されます。認定を受けたら終わりではく、1年に1回内部監査を実施し、2年に1回更新が必要。

そして従事する社員に対しても個人情報保護の研修が義務付けられています。

取得するためには、個人情報保護のための管理体制の確立が必要不可欠であり、なおかつその水準を維持し続けなくてはいけません。

それ故に、毎日のように個人情報を扱う人材サービスでは、Pマークの認定を受けているかどうかは、大きな信頼の指標になるのです。

「マイナビ保育士」はプライバシーマークを取得し、保育士の個人情報をしっかり守ってくれます。

求人を探す場合には、扱うエリアと、Pマークを取得しているかどうかは非常に重要なポイントなので、ぜひ覚えておいてくださいね。

条件の検索項目が充実

まずは保育園の求人がどれくらいあるのか、自分で調べてみたいと思う人のために、「マイナビ保育士」でも求人検索画面があります。

特徴はというと、地域が更に細分化できること。
例えば、東京都のどこの区で働きたいのか、市区町村まで選択できます。

そして、非常に大事なのが、路線も選べるという点です。
なんとなく、あの区で働いてみたいという人や、仕事帰りに買い物や食事をすることも考えて、主要な駅に近い場所を選んでいる人も多いのでは。

でも、実際に紹介してもらうと、自宅からのアクセスが不便ということも少なくありません。

「マイナビ保育士」では、エリアと路線で、ダブルの絞込が可能。
そしてこだわりの条件を選択できる機能はまだまだあります。

給与を優先して選んでしまうと、自分がやりたい保育とはかけ離れたものを選んでしまうこともあります。

「マイナビ保育士」では、施設の規模を選択肢に入れることで、ミスマッチを防ぐことができるのです。

特に注目すべき選択肢は以下の4つ

  • 定員20名以下
  • 定員21名~60名
  • 定員61名~99名
  • 定員100名以上

この選択肢があるかないかは、大きな違いなのではないでしょうか。
小規模の保育園で働きたい人や、ゼロ歳から年長まで幅広く多くの子どもたちと関わりたい人など、保育の考え方も人それぞれです。

今まで意識していなかった人も、直感でも良いので、希望する人数のイメージを抱いてみると、新たな働き方を見いだせるかもしれませんよ。

シンプルで使いやすいのが一番!
まずは使いやすさだけでもチェックしてみてはいかがでしょうか。

各種相談会とセミナーを積極的に開催

転職を考えているけど、在職しながらの活動は時間的な制約もあり、求人を探して応募、面接の日程調整など、一人でやらなければいけないことがたくさんあります。

「マイナビ保育士」では「休日転職相談会@新宿」として下記の日程で、平日お仕事をしている保育士を対象に相談会を実施しています。

【11月開催】
第1回 11月19日(日) 10:00~18:00
第2回 11月23日(木・祝)10:00~18:00
【12月開催】
第3回 12月3日(日) 10:00~18:00
第4回 12月17日(日) 10:00~18:00

事前予約制で完全無料、服装も自由なので少しでも転職することに迷いや悩みがある人は参加してみてはいかがでしょうか。

マイナビ新宿オフィス

東京都新宿区新宿4丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー24階


マイナビ保育士 職場発見フェア【新宿】

マイナビ保育士 職場発見フェア【大阪】

まとめ

いかがでしたか。新しいサービスの提供や、滿足度の高さなど、それぞれに特色がありますが、「マイナビ保育士」の特徴は、ズバリ、人材紹介に特化したノウハウの提供なのかもしれません。マイナビブランドといえば、知らない人はいないほど、信頼と実績がある会社です。

保育士の求人は、常に変動しています。
思い立った時こそ、登録して動き出すチャンス!
少しでも「マイナビ保育士」に興味を持った人は、無料の転職サポートを受けてみてはいかがでしょうか。
保育士限定の転職支援/東京・神奈川・埼玉・千葉

シェアする

フォローする