保育士が不採用になる理由とは?応募する前に準備しておきたいポイント

突然ですが、中途保育士が保育園を受けて、不採用になるケースがあるのをご存知ですか。

「私は大丈夫!」と思っていても、もし不合格になったら辛いものですよね。

そこで、内定を取るために準備しておきたいポイントについてご紹介したいと思います。


一次選考で不採用になるケース

不採用になる主な原因として、書類選考と面接の2つが考えられます。
書類選考を通過しないということは、今までのキャリアを伝えることができないので、まずは、書類の作成方法について見ていきましょう。

応募した時の印象が悪い

保育士は不足しているから、求人も多いですが、子どもたちと直接関わる保育士の社会性を保育園側はきちんとみています。

最初に確認できるのが、応募した時の受け答えです。
電話やメール、インターネットの採用ページなど、応募する形はいろいろありますが、どの手段で応募するとしても、ビジネスマナーに則った対応を心がけなくてはいけません。

特に気をつけたいのが、電話で直接応募するという手段です。

普段敬語を使う機会は少ないですが、子どもたちや保護者と話すように、フレンドリー過ぎるのもダメなので、正しい敬語を使って対応するようにしましょう。

自分の要件のみを伝えて、必要な書類を聞き出すことを目的として連絡すると、印象が悪くなってしまうので注意が必要です。

履歴書と職務経歴書の書き方が悪い

履歴書と職務経歴書の基本的な書き方についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

大事なのは、見られているという意識を持つこと。
書類選考といっても、試験の一つなので気持ちを抜かず、過去を振り返り丁寧に書くようにしましょう。
郵送の仕方も大事なので、宛先と住所、中身の確認も念入りにするようにしてください。
履歴書郵送のマナーについてはこちらの記事で解説しています。

面接で不採用になるケース

書類選考を経て、面接になるケースもあれば、履歴書持参で面接という場合もあります。
その際は、面接での受け答えが大事になってくるので、どんな点に気をつけたらいいのか具体的な部分を見ていきましょう。

面接での服装やマナー

面接では、最初に外見をチェックされるため、派手は服装や普段着はNGです。
スーツを持っていない人も多いかもしれませんが、保育士になって研修に出席する際にはスーツ着用を義務付けている保育園もあるため、一着は持っていたほうがよいでしょう。

もし、スーツを持っていない場合は、カジュアル過ぎない服装を心がけ、ジャケットにブラウス、パンツにパンプスなど、バラバラにならないようにコーディネートするようにしましょう。

面接の服装についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

意外と言ってしまっているNG発言

面接に入って、自己紹介をしたら経歴を確認していきます。少しずつ緊張がとけて、面接官も優しそうな人だと分かると、心の距離も近くなってしまうもの。

笑う場面があり、気持ちが緩むと出てしまうのが、前職に関するNG発言です。
具体的にどのようなことが印象を悪くしてしまい、不採用になってしまうのか見ていきましょう。

前に勤めていた保育園の不満や悪口

退職の理由は人それぞれ違いますが、先輩保育士にいじめられたことや、陰口に悩まされたということ。そして園長に対する不満などは絶対に言ってはいけません。

誰かに分かってもらおうという気持ちが面接の場で出てしまい、前に勤めていた保育園の不満や悪口を発してしまうと、歯止めがきかなくなってしまうためです。もちろん、聞いている側も気持ちのよいものではないですよね。

むしろ、そのようなことを考える保育士なのかと印象が悪くなってしまうのです。

嫌なことがあっても、自分の中にとどめておき、退職の理由を聞かれた時には、前の職場の不満や悪口などは絶対に話さないようにしましょう。

経験をアピールし過ぎる

面接では印象を良く見せようとするあまり、やってしまいがちなのが経験の長さや、保護者からの信頼が厚い。保護者との関係作りは任せて!とアピールし過ぎるということ。

経験は長いに越したことはありませんが、逆に経験値が長いと我が強すぎると思われる場合もありますし、保護者からの信頼が厚いならなぜ、転職をするのかという疑問も頭をよぎります。

アピールのし過ぎは逆効果だということを頭に入れておきましょう。

謙虚な姿勢があれば、柔軟性や協調性、社会性が見込める反面、自己主張が強すぎると傲慢という印象につながってしまうこともあるため、注意が必要ですよ。

面接は練習あるのみ

もし、面接の場で、住んでいる場所が近い、子どもに対する考え方に共感した。など、何らかの共通点を見つけた時、緊張した空気が和らぐと、一変して本来の自分を見せてしまうことにつながります。

共通点は、入職後に話すきっかけとして持ち、どんな場面でもあなたの良さをアピールできるようにならなければいけません。

そのためには、面接にも練習が必要です。
自己PRや保育園を選んだ理由、保育園で働けることになったらやってみたいことなど、あらかじめ想定問答を作り原稿を書いて練習しておきましょう。

この練習の有無で、面接の印象が左右されるとしたら、実践あるのみです。

面接対策、誰とする?

いろいろ気をつけなければいけない点が多々ありますが、あなたは面接対策を一人でやることができますか?

一人でやっていても、どこを改善しなければいけないのかは、分かりにくいものです。

そんな時には、転職の応募から履歴書の書き方、面接までサポートしてくれるのが、転職支援サービスを利用してみましょう。

利用は無料!

転職支援では、コーディネーターがサポートしてくれるのですが、希望するエリアや条件によって選ぶ会社が変わってきます。
転職サイトの選び方についてはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか。応募する時点から社会人としてマナーを持った人かどうかの審査が始まっています。書類の不備がないように応募書類を作成し、面接の対策も行った上で、内定がもらえるように、事前に準備することが転職の鍵となります。

心配な人はコーディネーターに相談して進めていってみてくださいね。

凡ミスを防ぐための面接対策

面接のマナーと言っても、何をどうしたらいいのか分からないという人は、事前準備として面接の練習をコーディネーターと一緒に実践してみましょう。

シェアする

フォローする