保育士の転職にハローワークがおすすめできない5つの理由

転職活動をする時に、一番身近なのがハローワークです。
いつも混雑していて、多くの人に支持されているのが分かりますが、保育士が転職活動でハローワークを利用するのには注意が必要なのをご存知ですか。

今回は、ハローワークを利用するメリットと注意点についてご紹介したいと思います。

ハローワークを利用する2つのメリット

ハローワークは厚生労働省が管轄する行政機関なので、誰でも利用することができます。
住んでいる地域によって担当する窓口が違うので、詳しくは厚生労働省の「全国ハローワークの所在案内」をご覧ください。

出典:厚生労働省

ハローワークを利用するメリットは大きく分けて2つ。
どのようなものがあるのか見ていきましょう。

全国の求人情報が閲覧できる

ハローワークの求人検索には、全国の求人情報が検索できますし、公共の職業紹介所であることから無料で利用できます。

初回のみ登録のために行かなければいけませんが、ハローワークカードが発行されたら、庁舎内にある端末で検索できるので、自宅でネット環境がない人でも簡単に調べることが可能!

希望する勤務地や、就業形態、職種に給与額などの必要事項を入力して検索をかけると、条件にあった求人が一覧で出てきます。

それを一つずつ確認していき、受けてみたいと思う所は、窓口にいって紹介状を書いてもらいます。

家族の転居や引っ越しが決まっている場合は、わざわざ転居先まで行かなくても情報が見られるので便利ですよね。

無料で利用でき、自宅でも検索できる

この求人検索はインターネットを利用するので、自宅でも求職番号を入力すれば、閲覧することが可能。

ハローワークは無料で利用できることから、平日でも常に混雑しています。
そのため、求人は自宅で確認しておき、ハローワークでは紹介状を発行してもらうだけにすれば、効率的に就職活動を進めることができるのです。

ハローワークを利用する5つの注意点

メリットがあるということは当然デメリットも存在します。
そして特に保育士が求人を探すのに注意して欲しい点が5つあるので、そのそれぞれについて見ていきましょう。

求人票が分かりづらい

ハローワークは全国で共通の書式を用いていることから、求人票が統一化されています。
しかし、見る部分が多過ぎて非常に分かりづらいものです。
見るポイントはなんと!18項目

ハローワーク求人票

参考:東京ハローワーク

① 受付年月日・紹介期限日
② 就業場所
③ 職種
④ 仕事の内容
⑤ 雇用形態【正社員・正社員以外(契約社員、嘱託社員等)・常用型派遣労働者・登録型派遣労働者の4種類で表示】
⑥ 雇用期間
⑦ 必要な経験等 必要な免許資格
⑧ 年齢
⑨ 賃金
⑩ 賃金形態
⑪ 昇給・賞与
⑫ 就業時間
⑬ 休日等
⑭ 入居可能住宅・託児所
⑮ 選考等
⑯ )試用期間
⑰ 求人条件特記事項・備考
【求人票裏面】
⑱ 地図・採用担当者等

この全てを一つずつ確認していかなければいけません。
気になる保育園が複数あったら、これを一つずつ確認していくとなると、見るのも嫌になるものですよね。

転職の細かなサポートが受けられない

求人票で分からない部分があっても、常に多くの人が利用しているため、待ち時間が長いというのもデメリットの一つ!

そして、全業種に対応しているため、保育業界の細かな情報までは把握しきれていないので、相談しても的確なアドバイスやサポートが受けられません。

相談するにしても待ち時間が長い。
待ったのに有益な情報は得られず、自分で調べ、自分で応募先を選ばなくてはいけないのです。

18項目にも及ぶ求人票だけで、応募先を選ぶというのは至難の技ですよね。

紹介状を発行してもらえるのは5社まで

時間帯によっては、待合室でひたすら順番を待ち、待った上で紹介状を発行してもらえるのは5社まで!

紹介状を発行してもらうには平日にハローワークに行く日を作らなければいけませんし、なるべく多くの保育園を受けたい人は、何回も通わなければいけません。

働きながら転職活動をする人は、時間を作ってハローワークに行くことさえ難しいのではないでしょうか。

ブラックな求人を見抜けない可能性も

求人端末に入っている情報は、全てハローワークの書式に基づいて記入されています。
似たような文言が並ぶので、何を基準に選んだらいいのか分かりません。

文字だけでは保育園の雰囲気も分かりませんし、無料で求人が掲載できることから、ブラック企業やブラック保育園が迷い込んでいる可能性も!見分けるのが非常に難しい現状があります。

待遇面を見て応募し、実際に働いてみたら違っていたということも少なくないのです。

最初からブラックな職場に応募したいと思う人はいませんが、求職者の判断に委ねられてしまっていては、もしかしたら求人票の文言だけを見て判断して可能性もありますよね。

紹介状発行から面接まで手間がかかる

自分で検索し、応募する場合には紹介状を発行してもらう。
そして面接の日程調整に給与の交渉、そして内定を辞退する場合にはそれも自分で行わなければいけません。

全て自力で行うので非常に手間がかかるのです。

しかも、ハローワークは公共機関であることから利用できる時間が場所によって違いますが、8:30~19:00前後まで。

仕事をしながら転職活動をする人は、その時間内にハローワークに出向くのは不可能に近いのではないでしょうか。

手間がかかる上に待ち時間が長い!そして、紹介状を発行してもらうために、行く時間を確保しなければいけません。
ましてや、応募するかどうかの正しい情報が得られないとなると、ハローワークで求人を探すのはデメリットが多いと言えるのではないでしょうか。

ハローワークでの求人探しが向いている人

保育士は全員ハローワークで求人探しはしない方がいいのかというとそうではありません。
向いている人と向いていない人がいるので、自分がどちらに当てはまるか考えてあなたに合った方法で転職活動をするのがベストです。
ハローワークでの求人探しが向いている人は、

  • 管轄するハローワークが近所にある人
  • 自分で調べるのが好きな人
  • 時間的な余裕がある人

ハローワークでの求人探しが向いていない人

  • 仕事をしながら転職活動をしたい人
  • はじめて転職活動する人
  • 誰かに相談しながら応募先を決めたい人
  • 絶対に次の転職は失敗したくない人

自分で調べるのが好きな人には、ハローワークが合っているかもしれません。
しかし、はじめて転職する人は、リスクがあるので、転職支援サービスを利用してプロの目からアドバイスしてもらいましょう。

特に保育士の求人に特化した転職支援は、年々増加傾向にあるので、あなたに合った会社を選ぶことが重要なポイント!
どうやって選んだら良いかは、こちらの記事で解説しているので参考にしてみてくださいね。

転職支援サービスの利用の仕方

転職支援サービスの利用の仕方は簡単!
上記の記事を参考にしながら、希望を叶えてくれそうな会社を複数選びます。
スマホやインターネットから無料の会員登録をして、連絡を待ち希望の条件を伝えて保育園を紹介してもらいます。

自分で探しながらコーディネーターに相談してアドバイスしてもらうことも可能です。
紹介してもらった保育園に応募する場合は、コーディネーター経由で、面接の日程調整をしてもらいます。

給与をもう少し上げてもらいたい場合は給与の条件交渉もお任せできるのです。

面接に出向き内定をもらえたけど、ちょっと違ったという場合も、コーディネーター経由で内定辞退も可能!

あなたの変わりに保育園と交渉してくれる他、窓口になってくれるので、はじめての転職でも心強い見方になってくれます。

全て無料で受けられるサービスで、安心して利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。厚生労働省が毎年調査している保育士の有効求人倍率は2.34倍(2016年11月時点)という数字が公表されました。
この数字の高さからいっても、保育士は売り手市場ですし、職場を選べる時代です。
しかし、求人が多ければ多いほど、選ぶのも難しくなってくるので、無料で利用できる転職支援サービスを活用して、情報を仕入れて見てくださいね。