子育てしながら働く保育士に優しい「保育バランス」の特徴とは

子育てをしながら働く保育士にとって、仕事と家庭の両立は非常に大事なポイントですよね。

家族の協力はもちろん、保育園でもフォローし合える体制がないと、実現することはできません。

今回は、仕事と家庭の両立を目指す保育士におすすめする「保育バランス」の特徴について探ってみたいと思います。


保育士のワークライフバランスとは

ワークライフバランスという言葉は聞いたことがあるけれど、実際にはどのような意味なのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

ワークライフバランス(work–life balance)とは、「仕事と生活の調和」のことで、一人ひとりが仕事や家庭にやりがいを持ち、年齢を重ねても多様な生き方を実現させることです。

女性は家事や育児、男性は社会で仕事をしていた時代から、それぞれが個性を生かして輝く次代をつくろうと社会が変わってきているのです。そんな働き方を変えるべく、内閣府は平成19年に「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」を策定しました。

ワークライフバランスは、仕事とプライベートの両立ができてこそ、人間性を高めることにつながるため、特に女性のワークライフバランスに力を入れる企業が増えてきています。

仕事と対価、そして休日が保障されている職場であることは、働く上でのワークライブランスの基本といえるのです。

待遇が良くても休日が不安定だったり、完全週休二日であっても給与が低ければ生活の質を保つことは難しくなるためです。

参考:内閣府

保育バランスの特徴

保育バランス

仕事と家庭の両立ができる求人を紹介してくれる「保育バランス」

このワークライフバランスに重点を置いているのが、保育バランスの大きな特徴の一つです。
利用者の働き方に合わせて、開園時間を延長する保育園が多い中、企業が社員の子育てを応援する福利厚生の一つとして事業所内保育所を設置。

事業所内保育所で働く保育士は、企業の社員と同じ待遇なので、基本的に土日が休みで残業もありません。定時にお迎えに来るのが基本なので、規則正しい生活を送ることも可能。

土日にしっかり休めて、平日も定時に退勤できることから、仕事が終わってからはジムに習い事、食事にショッピングなどプライベートを充実させることができるのです。

事業所内保育所は、会社の従業員で子育てしている人が対象なので、受け入れ人数も少なくアットホームな雰囲気の中で保育することが可能。

子どもはもちろん、保育士や保護者との距離が近いのも特徴です。

保育バランスはこんな人におすすめ

保育バランスで紹介してもらえる求人は、完全週休二日で土日はしっかり休みたい人や、毎日同じ時間に帰りたいという人におすすめです。(退勤時間が決まっていれば次の予定も組みやすいですよね)
そして、少人数の子どもたちとじっくり関わりたいという人
家庭的な雰囲気の中で、コミュニケーションを取りながら子どもたちと接していきたいという人はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

事業所内保育所は認証保育所と違って、まだまだ認知度が低い保育園なので、今が狙い目ですよ!

事業所内保育所で経験を積んでスキルアップ

事業所内保育所は、家庭的な雰囲気で子どもたちと接することができるため、先輩保育士からいろいろなことも学ぶ機会も多いという特徴があります。

ちょっとした立ち話でも、大規模な園では子どもの動きを視界に入れておかなくてはいけませんが、事業所内保育所は少人数だからこそ、保育士同士でサポートし合える体制があります。

子どもへの接し方でも、その日の職員会で報告をするのと、その場でアドバイスをもらえるのでは大きく変わってきます。

あい
こんな時にはこういう風にすると、子どもは喜ぶからやってみてね

とアドバイスをたくさん聞くことができるのです。

将来的にはある程度集団が成立する人数で子どもたちを見てみたいと思った時に、事業所内保育所での経験は大きな財産になります。

小規模の良さはもちろん、難しさや子どもとの距離の取り方など、全てが新鮮なので保育士としての引き出しを増やすためにも選択肢の一つに考えてみてはいかがでしょうか。

保育バランス詳細




事業所内保育所で働く正社員保育士やパート保育士の紹介を受けることができます。また、扶養の範囲内でパート保育士として働くことも可能です。
登録や相談は下記の専用ダイヤルから

  • 応募専用ダイヤル:0120-307-300
    (平日11:00~21:00 土日12:00~18:00)

保育士の仕事紹介までの流れ

  1. 専用ダイヤルまたは登録フォームより「保育バランス」に連絡します。
  2. 一営業日中にコーディネーターから折り返し連絡があります。
  3. 電話もしくはskypeでヒアリング
    ※専属のコーディネーターが転職を希望する時期や、給料などの待遇面をヒアリングしてくれます。
  4. 条件に近い求人を紹介し、その中から面接を受けたい保育園を選びコーディネーターに日程を調整してもらいます。※履歴書や職務経歴書の書き方のサポートも
  5. 日程を調整してくれた保育園へ面接
    ※条件に合わない場合は、他の保育園の紹介もしてくれるので、不安や質問などがあったらその都度コーディネーターに聞きながら進めていくことができます。

一人ひとりに専属のコーディネーターが対応してくれるので安心ですね。

まとめ

いかがでしたか。事業所内保育所には魅力がたくさん!定時で帰れる他、土日が休みということで仕事とプライベートを充実させることができます。登録は無料ですし、転職にまつわるさまざまな不安や悩みもコーディネーターが聞いてくれるので、ぜひ活用してみてくださいね。

シェアする

フォローする