保育補助を辞めたい、辛いと感じた時の仕事の向き合い方

 スマイル SUPPORT保育(全国対応) ジョブメドレー(全国対応) 保育士転職FINE!(全国対応) 保育ひろば(全国対応) 保育士WORKER(全国対応) マイナビ保育士(東京・神奈川・千葉・埼玉) 社会福祉法人あざみ会(品川区・大田区・川崎市)

保育士の資格がなくても働くことができる、保育補助ですが、実は辛い思いをしながら続けている人も少なくありません。

辛いけど、子どもたちはかわいいし、退職するのは最終手段。
その方法を模索しているあなたのために、保育補助の仕事が辛いと思った時の向き合い方について考えてみたいと思います。

掃除や雑務の日々

保育補助はあくまで保育士の補助という位置づけですが、分かっていても、実際に勤務してみると、掃除や片付けなど雑務しか担当させてもらえないケースも少なくありません。

ゴールがなく、掃除が終わっても次の作業。
子どもたちと関わりたいと思っても、次々に振られ、こなしていくしかないのです。

「掃除だけをしに来ているんじゃない!」と分かっていても、実際に働いてみると、「こんなはずでは」と感じる人も多いのではないでしょうか。

子どもと関われない

保育補助の仕事を選ぶということは、子どもたちと関わる仕事に興味があるから。

補助といっても、一日中掃除だけではなく、資格は持っていなくても、少しは子どもたちとお話できる機会もあるだろうと淡い期待を抱くものです。

でも、掃除に片付けが続き、子どもと接することも禁止されるかのような振る舞いを受けると、資格がないことにショックを受ける人も。

子ども達を通して「きれいにしてくれてありがとう」伝えるなど、やり方はあるはず。

黙々と指示された仕事をこなすだけではつまらないものですよね。

もし、掃除や片付けに追われる日が続いているのなら、それは保育補助ではなく事務員、または用務員さんとして扱われているのかもしれません。

常勤やパートとは違う身分の差

仕事内容の他にも、差別とも取れる環境に疑問を抱いている人も少なくありません。

それは、園長をトップに主任、保育士という組織で保育園を運営していきますが、保育士の中にも経験年数に応じて階層があり、経験年数が短い常勤は最下層になります。

その下にパートの保育士がいて、更にその下に保育補助がいるという考え方が根付いているのです。

当然、常勤の方が偉いといった雰囲気を醸し出す保育士も。

子どもの前では大人はみんな一緒のはずなのに、目に見えない上下関係が保育補助という立ち位置を更に悩ませているのではないでしょうか。

子ども達も無意識に理解している

年中や年長になってくると、意味までは分からなくても、なんとなく大人の上下関係に気付いてくるものです。

「○○先生は偉くて、○○先生はパートなんだよ」と思ったことを口に出す場面も。

本人は悪気がなく言っているのですが、保育補助に対しても、掃除をしてくれるおばさんと思っているかもしれません。

子どもたちにそう思わせてしまうのは、やはり、常勤保育士とパート保育士、そして保育補助の間にある見えない上限関係を見抜いているのかもしれません。

保育補助は保育園の考え方によってさまざま

保育補助の仕事は、あくまでも補助的な役割なので、どこの保育園に勤務してもこのような問題に悩むのでしょうか。

それは違います。
保育園で働く保育士は園長を筆頭に、どのように保育を提供していくか日々模索しています。

責任ある仕事は常勤が行い、常勤が対応できない部分はパートさんや保育補助さんにお願いするという共通の考えを持っている保育園もあるのです。

保育補助の仕事内容に決まりはないため、保育園ごとに考え方が違います。良い保育園に巡り会えれば、保育補助でも子どもたちと関わる機会も増えるのです。

しかし、ブラック保育園と呼ばれる保育園は、運営がワンマンで公平性に欠ける部分など、さまざまな問題点が潜んでいるので、保育補助として働く場合は、職場選びは非常に慎重にならなければいけません。

辛い時に実践して欲しい仕事の向き合い方

でも、辛いからと言って辞めていたら、キリがないですし、仕事の向き合い方を変えるだけで、状況が変わるなら、変えてみる価値はあります。

では、どんな方法があるのでしょうか。

悪い見本を経験できたと考える

不公平な仕事しか与えず、保育園の中だけの人間関係に頼っている保育士は、きっとどこの保育園に行っても同じ行動をするでしょう。

保育よりも自分の立ち位置の方が気になる人に、良い保育が提供できるでしょうか。

悪い見本を見ることができ、貴重な体験だと思うと気持ちが楽になるのではないでしょうか。

その悪い見本を心に刻み、「自分ならこうする」と自分に置き換えて見ることがあなた自信の視野を広げてくれます。

良い見本も大事ですが、悪い見本もあなたを成長させてくれますよ。

保育士の接し方を学ぶ

保育園の中には、意地悪な保育士もいますが、それを良く思わない保育士もいるものです。
ただ、少数派では何も変えることができないことから合わせているだけ。

そんな保育に熱心な人を見つけて、どのように子どもたちに接しているか、言葉がけや動き、子どもの褒め方や注意の促し方を生きた教科書として学ばせてもらいましょう。

悪い見本と良い見本を比較すると、よりよい保育の形が見えてくるかもしれません。

仕事をしながら体感できるなんて、そんな機会はないのではないでしょうか。

常勤保育士になるためのモチベーションアップに

もし、保育補助ではなく、資格を取って保育士として働きたいと考えるなら、今受けている状況を原動力に変えてみましょう。

「自分ならこういう保育がしたい」
「常勤と保育補助との関係もこのように改善したい」
といろいろなビジョンが浮かんでくるものです。

目標が出来たら、試験勉強もモチベーションを上げながら取り組めるのではないでしょうか。

辛い経験をした人だからこそ、弱者の気持ちにも寄り添い、働く職員の気持ちを理解することができるのです。

保育補助は辛かったけど、良い勉強になったと思える日がきっとくるので、それまでは目標に向かってがんばりましょう。

辛いなら環境を変える

保育補助の仕事は保育園によってまちまちなので、辛い状況が続くなら、環境を変えるという方法もあります。

保育園にはそれぞれ独自のルールが存在するので、働いてみないと分からない部分がたくさんあります。

思い切って退職し、違う保育園での保育補助の仕事探しを始める。

もし、良い保育園に巡り会えれば、場所を変えて良かったと思えるので、保育園の求人探しからはじめてみてはいかがでしょうか。

保育補助は保育園からは求められる存在

保育補助を求めている保育園はたくさんあります。
それは、掃除や片付けをする人を探しているのではなく、一緒に保育してくれる仲間を募集しているのです。

保育園には常勤保育士とパート保育士がいますが、それだけでは体制が確保できない場合や、運営に支障がある場合に、保育補助を求めるのです。

資格がなくてもできることから、学生アルバイトも可能ですし、子育て経験を生かせる場所の一つでもあります。

決して掃除や雑務ばかりではなく、求めている保育園があるということを忘れないで、あなたに合う職場を見つけてみましょう。

合う場所を見つけることが大事!

人間は一人一人性格が違います。
それと同じように、保育園も、保育園で働く保育士も一人として同じ人はいません。
その分、職場選びを間違えなければ、働きやすくも、働きににくくもなってしまうも紙一重なのです。

違う場所で保育補助として再チャレンジしてみたいという人は、保育補助の求人を紹介してくれるサイトに登録し、希望の条件を伝え、保育園を紹介してもらいましょう。

登録は無料ですし、利用料は一切かかりません。

プロに相談することで、希望に近い保育園を紹介してもらえますし、応募するかどうかはあなたの判断なので強制されることはありません。

今の状況を話して、保育補助が良いのか、それとも別な選択肢があるのかという相談にも乗ってもらえます。

保育補助を紹介してくれるサイト一覧

まとめ

保育補助の仕事は、縁の下の力持ち、この発想を変えて見ると、園の下の力持ち、いわば保育園を陰ながらサポートする大事な仕事なのです。辛いと感じたらそのままにせず、対処できることをやってみる。それでもだめなら環境を変えて再出発してみましょう。