公立保育園で働くメリットと意外なデメリット。求人の探し方

公立の保育園と私立の保育園を比べた時、どちらが働きやすいのでしょうか。
どちらも良い点があるにせよ、実際には分からないものですよね。

そこで、公立保育園で働くメリットと、デメリット、そして求人の探し方についてご紹介したいと思います。

公務員なので保育園が潰れることがない

厚生労働省が調査した「平成27年人口動態統計月報年計(概数)の概況」によると、平成27年の合計特殊出生率は1.46%。

緩やかな回復傾向はあるものの、日本の人口を維持できる数字ではありません。株式会社も新規保育園を開園し運営していますが、将来的には保育園が飽和状態になった時、経営状態が悪い場合、閉園になる可能性もあるのです。

その点、公務員は行政の職員として採用されるわけですから、行政が破綻することはほとんどなく、人口減少によって保育園の統廃合などの措置を取った場合でも、雇用は確保されます。

保育園が潰れる心配がないというのは、大きな安心になるのではないでしょうか。

参考:厚生労働省「平成27年人口動態統計月報年計(概数)の概況

引っ越しを伴う異動がない

保育園での勤務には異動があります。異動をすることで、いろいろな子どもたちや保護者と関わることができるため、保育士にとってはスキルアップできる大事な機会の一つでもあります。

東京都や埼玉県など、都や県の職員として採用され、勤務する場合、引っ越しを伴う異動になる可能性もあります。

中には東京都の小学校の先生として採用され、本人が希望を出し、都内のいろいろな小学校を見たいということから、引っ越しを伴う異動希望を出す人も実は少なくないのです。

各自治体の職員となった場合、区内や市内での異動になりますし、子育てをしながら保育士を続ける人も多いため、家庭の事情も汲み取った異動施設を決定してくれるので安心です。

株式会社の場合は、全国展開している法人や、都内に限らず近隣の県にまたがる保育園を運営している会社も少なくないため、ある程度キャリアを積んだ保育士が、新規施設の開園を任されることも。

新しい事業に携わることができる喜びもありますが、仕事と家庭の両立を望んでいる人は、安定志向の公務員がおすすめです。

長く続ければ退職金がもらえる

お金は多くもらえるに越したことはありませんが、老後の資金になる退職金の存在は大きいものです。

民間企業でも退職金を導入する所も増えてきましたが、経営が悪化してしまった場合や、会社の存続が危機的な状態に陥ってしまった場合は、退職金の制度を廃止してしまう可能性もあるのです。

それに比べて公務員は、退職金の規定が行政の条例として定められているので、退職金の支給に関することを改定する場合は、議会の承認が得られなければ改定できないことになります。

月額の給与に対して勤続年数をかけて退職金の金額を算出しますが、よほどのことが無い限り、退職金は支給されるので、気持ちの上で大きな安心になるのではないでしょうか。

20歳で入職して40年間努めたとして(行政によって規定が違いますが)、

おおよそ2400万円から2500万円前後が、退職金として支給されるのです。

この金額は非常に魅力的ですよね。

デメリットその①:競争率が高い

メリットがあれば、当然デメリットも存在します。
公務員として採用され、公立の保育園で働く保育士は、安定していることや、退職金制度があり、老後の資金として保障されていることから、安定を求める人は多く、競争率も高い傾向に。

毎年採用する人数が変わるため、競争率も変わってくるのです。実際に募集要項が公開され、応募者の人数が確定しないと今年の競争率がどれくらいなにかは分かりません。

公務員を目指すならライバルが多いことも頭に入れた上で、試験対策も早めに取り組むことが重要です。

デメリットその②:受験できる年齢制限がある

公務員の試験は自治体によって違いますが、多くは6月から8月にかけて募集を行い、9月に一次試験を実施します。

しかし、公立保育園の保育士になるためには、さまざまな要件が設けられているため、これらの要件をクリアしてはじめて受験の申込みができるのです。

その中で注意したいのが、年齢制限の壁です。

自治体によって年齢制限の枠はまちまちですが、おおよそ20歳から25、もしくは26歳までを受験資格として定めています。

独学で勉強し、20歳前に取得しても、年齢制限を1歳でも超えても受験できない仕組みです。

これに対して民間は、年齢制限がないため、30代や40代、そして50代でも働く場所があるのは大きな違いなのではないでしょうか。

デメリットその③:合格=すぐに働けるとは限らない

公務員試験は一次試験や二次面接などを経て、最終的に合格者が決定しますが、合格したからといって、4月から公立の保育園で働けるとは限りません。

合格後は、採用候補者の名簿に登録され、保育士の空きがなければ採用されません。登録期間は1年間で、その間に順番に採用されていきますが、空きがなく登録期間が過ぎてしまった場合、次の年にもう一度採用試験を受けなくてはいけないのです。

公立保育園で働く方法

公立保育園で働く保育士は、公務員試験に合格し、地方公務員として勤務することになります。しかし、それ以外にも非常勤職員や臨時職員といった職そうの違いがあるので、働くことは可能です。

では、どのような働き方があるのか、求人はどうやって探したらいいのか見ていきましょう。

行政が募集する非常勤・臨時職員として勤務

行政が運営している公立保育園では、正規職員と呼ばれる地方公務員が勤務していますが、産休代替や病欠などで欠員が生じた時には非常勤職員を採用するケースがあります。

また、早朝保育や延長保育を行っている保育園では、正規職員の他にその時間帯だけ勤務してくれる臨時職員を募集するケースもあるのです。

非常勤や臨時職員の募集は、区報や市報、そしてホームページなどで定期的に募集をしているので、気になった人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

年末年始や年度末など、節目の時に募集が出ていることが多いので確認してみてくださいね。

派遣保育士

公立保育園では、さまざまな理由により長期に渡って欠勤をせざるを得ない場合、正規と同じように仕事をしてくれる保育士が必要になります。

非常勤や臨時職員は時給制で時間的な制約もあるので、その分正規職員でシフトを調整しなければいけません。

しかし、慢性的に続くことで保育園の運営に支障をきたす場合は、派遣保育士として期間限定で勤務してもらう形を取る保育園も少なくありません。

派遣会社に登録し、公立保育園に派遣されて、派遣保育士として勤務します。

公立保育園では、ベテランの保育士が多いので、保育のスキルを磨けるチャンスです。

残業もありませんし、お迎えが遅い場合は正規職員が対応してくれるので、プライベートに支障をきたすことがありません。

これらの理由から派遣でも公立保育園を希望する人が多いのも大きな特徴といえのではないでしょうか。

民営化された保育園で働く

公立保育園は行政が運営していますが、民間の事業者に委託する公立民営化の保育園も増えてきました。

このことにより、社会福祉法人や株式会社にも公立保育園を運営する間口が広げられ、公立保育園で働く選択肢も増えてきたのです。

つまり、公立民営化を受託している法人の職員として公立保育園に勤務することができるのです。

でも、どの保育園が民営化されているのか、調べ方も分からないものですよね。

そんな時には、保育士の転職支援サービスを利用して、公立保育園で働ける場所を紹介してもらいましょう。

登録は無料!

公立保育園で働きたいという希望と、それ以外に重視したい条件があったら伝えて、複数の保育園を提示してもらいます。

保育園ごとの特徴を聞いた上で、応募するかどうかはあなたの判断になるので安心してください。

公立保育園で働きたいという希望はあっても、なかなか求人を見つけることは難しいのでプロに相談すると、良いご縁に恵まれるかもしれませんよ

公立保育園の求人を紹介しているサイト

【全国対応】

【関東近郊】

まとめ

いかがでしたか。公立保育園の保育士に限らず、どんな職場でも働くメリットやデメリットは存在します。大事なのは5年後、10年後、どのような生活をしながら保育士として働きたいかということなので、将来のライフスタイルをイメージしながら人生の選択肢の一つに考えてみてくださいね。