保育士が選ぶ「保育園ランキング」に入るような職場を探すコツ

保育園のランキングが発表されると、ついつい見てしまう人も多いのではないでしょうか。

知っている保育園が上位に表示されると嬉しいですし、ましてや働いている保育園がランク・インしていたらテンションも上がるものですよね。

今回は、現役保育士が選んだ働きやすい保育園ランキングを元に、どうやったら良い求人を見つけることができるのかご紹介したいと思います。

保育士が選んだ働きやすい保育園ランキング(人間関係版)

東京都練馬区に本社があるミカタ株式会社は、保育園や幼稚園の待遇に関する約1万3,000件以上の口コミを分析し、『人間関係版(東京都・神奈川県・埼⽟県)』を作成しました。

このデータは、保育園と幼稚園を合わせた総合的なランキングだったので、保育園を抜粋して考えてみると、意外なことが明らかに。

  1. アスク新宿南町保育園(株式会社日本保育サービス)
  2. ⽴華学苑(社会福祉法⼈⽴華学苑)
  3. 京王キッズプラッツ多摩川(株式会社京王子育てサポート)
  4. 広尾上宮保育園(社会福祉法人上宮会)
  5. はなぞの保育室(株式会社サンパレス)
  6. 横浜旭中央総合病院 (院内保育室)(アートチャイルドケア株式会社)
  7. おひさま保育園(社会福祉法人おひさま会)
  8. 桐⾥保育園(社会福祉法人恒明会)
  9. 元気キッズ新座栄園(株式会社 SHUHARI)
  10. 小学館アカデミーちょうふ保育園(株式会社小学館集英社プロダクション)
  11. ふじみ野市⽴新⽥保育所(埼玉県ふじみ野市)
  12. 久が原らるスマート保育所(株式会社日本デイケアセンター)
  13. 練⾺区⽴富⼠⾒台こぶし保育園(東京都練馬区)
  14. ウパウパハウスキッズ(株式会社ウパウパハウス)
  15. マミーナ桜新町(アートチャイルドケア株式会社)
  16. 友和保育園(社会福祉法人友和会)
  17. 久が原ハーモニー保育園(社会福祉法人扶壮会)
  18. 光徳保育園(宗教法人安養寺)
  19. 上ノ原保育園 分園(社会福祉法人愛信福祉会)
  20. ⼤和市⽴緑野保育園(神奈川県⼤和市)
  21. 太陽と大地のこども保育園(社会福祉法人さわらび会)
  22. たんぽぽ保育所竹の塚園(株式会社ヒューマンサポート)
  23. 村山中藤保育園 櫻 (社会福祉法人高原福祉会)
  24. 練⾺区⽴豊⽟保育園(東京都練馬区)
  25. コンビプラザ等々⼒保育園(コンビウィズ株式会社)
  26. 南浦和ファーストスター保育園(三和エンジニアリング株式会社)
  27. チャイルドケアセンター⻘い⿃(⻘い⿃チャイルドケア株式会社)

参考:保育士のミカタ実際に働いていた保育士が選んだ働きやすい保育園・幼稚園ランキング『人間関係版』

保育士の転職・就職・求人なら保育士のミカタ

このランキングでは、

  • 株式会社が運営する保育園が13社(あか)
  • 社会福祉法人が運営する保育園が9法人(くろ)
  • 行政が運営する保育園は4園(あお)
  • 宗教法人が運営する保育園が1園(みどり)

待遇はもちろんですが、これらの口コミや評判を知っているのと知らないのでは応募する保育園も大きく変わるのではないでしょうか。

毎年、園児の入れ替わりもありますし、出産や病欠などで代わりの保育士が勤務することもありますが、できれば人間関係の良い保育園で働きたいものですよね。

一人で転職情報を集めるのには限界がある

働きやすい保育園があれば、そこに転職したいと誰もが思うものです。
しかし、実際は求人票と働く環境にギャップがあるため、一人で情報を集めるのには限界があります。

転職に成功した保育士の口コミサイトも多数ありますが、あくまでも個人の見解なので、ひとりひとりの性格が違うように、感じ方や捉え方が違います。

Aさんは、「この保育園は働きやすい」と思っていても
Bさんは、「先輩保育士に気を使わなければいけないのが面倒」と思っているケースも少なくありません。

つまり、年齢や経験年数、そして保育園での立場によって感じ方が変わってくるので、口コミや評判で転職先を選ぶのは非常に危険なのです。

もちろん、情報の一つとして見るのは有効ですが、良い部分にばかりに目が行く他、悪い部分が一つでもあったら選択肢から外すなどすると、情報に振り回されてしまいます。

依存しない程度に活用するように意識しましょう。

働きやすい保育園とは

では、働きやすい保育園とはいったいどのような職場を表すのでしょうか。

  • 待遇が良い
  • 人間関係が良い
  • 福利厚生が充実している
  • 研修制度や充実し、保育士としてのスキルアップが図れる
  • 仕事とプライベートの両立ができる

これらをイメージする人も多いかも知れませんが、あなたの個性やライフスタイルに合わせた職場を選ぶことが、働きやすさにつながるポイントになります。

少人数の職場でじっくり子どもと関わりたいと思っていても、大規模の保育園を選んでしまうと、やりたいことが出来ず、仕事に追われる毎日を過ごすことになってしまうものです。

人間関係が良い保育園でも、残業も多いと生活のリズムも不規則になってしまい、ストレスが溜まる原因にもなってしまいます。

大事なのは、保育士としてどのような働き方をしたいのか、施設形態を明確にして5年後や10年後を見据えて働き続けられる場所を選ぶということ。

妥協せずに、希望する条件に近い保育園を探していけば、きっとあなたに合った保育園が見つかるはずです。

どこかで条件を削って妥協してしまうと、それが仕事のストレスと重なって爆発してしまうことも少なくありません。

自分で納得できる場所を選ぶということが働きやすさにつながるのではないでしょうか。

働きやすい保育園を探すポイント

実際に働いてみたい保育園の施設形態や、労働条件をまとめたら、次は求人票でチェックして欲しいポイントをご紹介したいと思います。

【求人票での確認項目】
1. 雇用形態
2. 施設形態
3. 施設規模
4. 所在地
5. 勤務時間
6. 休日休暇
7. 給与(月給と賞与)
8. 福利厚生
9. 選考のフロー
それぞれにどのような点に着目して確認したら良いのかは、下記の記事で解説しているので参考にしてみてください。

そして大事なのが、求人票以外での情報を集めるということ。
そこでポイントになってくるのが、現役保育士が投稿する口コミです。

しかし、ネットに掲載されている口コミは、信憑性がないものも多く存在します。
口コミを見る場合は、良い点、気になる点の2つの側面が書かれているかどうか。
そして投稿している人数が多いサイトを参考にするようにしましょう。

ここでおすすめしたいのが、保育士の適切な採用を目指し保育士の口コミを3万件以上掲載されている「保育士のミカタ」です。
全国の施設が網羅されており、ピンポイントで気になる保育園の口コミを見ることができます。

保育士のミカタは、ポイント制で投稿する形をとっていますが、無記名でありながら本人確認率が70%以上と信頼がおける口コミサイトといえます。

保育士のミカタ「私たちの思い」

『保育士・保育学生の皆さんの転職・就職活動から、後悔と情報格差をなくすこと』を目指しているWebサービスです。
保育士が不足している今だからこそ、保育士の皆さんは、保育園や社会に対して声を挙あげるべきです。今、変えられなければ、永遠に変えられません。
働く保育者の目線で、職場としての保育園を「良い点」「気になる点」で評価してください!
同じく保育士として働いている保育士さん。一旦は離れてしまったが保育業界に興味がある保育士さん。これから保育士として働こうとする保育学生さん。
たくさんの保育士・保育学生の皆さんが、あなたの口コミ投稿を待っています。

引用:保育士のミカタ

さまざまな声や情報が集約されているので、判断する一つの材料としてチェックしてみてはいかがでしょうか。

口コミ+評判+裏技

あなたが望む職場を探すためには、情報を集めてその都度判断していかなくてはいけません。
情報があふれる時代だからこそ、その情報を精査していく難しさもあります。

そんな転職活動をもっとハッピーに楽しみながらできる方法があるとしたら利用してみたいと思いませんか?

それは、保育士の転職をサポートする転職支援サービスです。

保育士の求人に特化した転職支援サービスは増えてきていますが、オーダーメイドで転職サポートをしてくれるのが保育士WORKERの大きな特徴です。
専任のアドバイザーが担当し、求人探しなら入浴後のフォローまで専任で対応してくれるので、気になることをその都度相談しながら進めることができます。

保育士WORKERを利用してあなたがあなたらしく働ける場所を見つけてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。口コミや評判は気になる部分ですが、感じる個人差があるということを忘れてはいけません。大事なのは、あなたが希望する保育園を明確にし、妥協せずに見つけていくという気持ちです。プロの力を借りて働きやすい職場を見つけてみてくださいね。