保育士の転職で迷ったら【保育士コンシェル】をおすすめする4つの理由

保育士の転職サイトはたくさんありますが、何を基準に選んだら良いのか迷うものですよね。

今回は、保育士の人材紹介に特化した、保育士コンシェルの特徴をまとめてみました。
転職サイトやどの人材紹介にしようか悩んでいる人は要チェックですよ。
早速みていきましょう。


事業内容を最大限に生かした人材紹介

保育士コンシェルを運営するのは、東京都渋谷区代々木に拠点を構える、株式会社プログレートです。
株式会社プログレートは保育士と幼稚園教諭の人材紹介の他に、ネットワークの構築や運用など、事業内容が多岐に渡っています。

人材紹介のノウハウも持ちつつ、保育士目線の求人検索を自社で作ることができるというのが、他社にない大きな強みなのです。

システムの開発や運用が、保育士の求人にどのような関わりがあるのでしょうか。

保育園で導入されている安心伝言板を開発

2011年3月11日に東日本大震災が発生し、携帯電話が使えない、子ども達は大丈夫なのか安否が確認できないという事態が発生しました。

保育園では、連絡ができない保護者を心配しながら、園内、もしくは避難所で保護者の帰りを待つしかありません。

今でもあの当時のことを思い出す保育士も少なくないのでは。

株式会社プログレートは、このような大きな震災が起こった時に、確実に連絡を取れる手段として、「安全伝言板」としてインターネット上で、伝言のやりとりができる連絡ツールを開発したのです。

その後普及は進み、豊島区や西東京市、海老名市などの自治体で導入され、民間の保育系企業もこの「安心伝言板」を取り入れて運用に至っています。

一見、この「安心伝言板」という連絡ツールと、保育士の求人は関係ないように思うかも知れません。

しかし、導入にあたっての営業や、設置後のアフターフォローなど、多くの自治体や企業とのパイプがあるからこそ、信頼できる人材紹介会社として非公開求人を扱うことができているのです。

あなたが勤務している保育園でも、もしかしたら「安心伝言板」がすでに運用されているかもしれませんよ。

非公開求人を多く取り扱う

保育士コンシェルは、保育士と幼稚園教諭に特化した人材紹介を行いながら、「安心伝言板」を開発し、多くの自治体や企業との信頼関係と作ってきました。

その実績と信頼から、世に出すことができない非公開の求人を保育士に提供するに至っています。

なぜ非公開求人が存在するのか、詳しく説明していきましょう。

新規開園スタッフの募集

保育園を開園するにあたっては、さまざまな手続きが必要になります。
たくさんの人の手が加わり、何年もかけて保育園の認可を受けて開園への運びになりますが、いろいろな事情によって、保育園の開園を公にできないケースも少なくありません。

オープニングの保育園は、きれいですし、人間関係もゼロからスタートできるので、人気があり、募集を公開するとすぐに応募が殺到してしまうというデメリットもあるのです。

それを回避するため、保育士の経歴に応じて、「この保育士なら、新規開園の保育士に適している」という選べられた人だけが、求人を紹介してもらうことになります。

新規開園する園長の募集

新規に開園する保育園の園長は、新しく子どもたちや保護者、そして地域の人たちと関係を作ることも大事な仕事の一つ。

法人内の異動によって対応するケースもありますが、保育園内でさまざまな問題を抱えている場合、異動が難しいことも。

そんな時には、新しく園長候補として募集をかけますが、人物重視で慎重に面接をしなければいけません。

人材紹介会社で、ある程度人物を精査し、「この人なら園長として適任」という推薦があってこそ、法人側は面接の労力を減らすことができますし、効率的ですよね。

高待遇求人

新規の保育園以外にも、認可・認証保育園以外に、事業所内保育所や院内保育所など保育施設の違いや、設置する場所によって待遇が変わる場合があります。

一つの例として、退職者が多く出ているため、信頼関係を再構築するためにも、確実に運営を安定させる人材には高待遇の条件で、保育園の危機を救ってもらうケースも少なくありません。

立て直しという言葉は印象が悪いかも知れませんが、あなたの働き方次第で、保育園の環境が良くなれば、あなたの評価もあがります。

裏の理由はあっても、働く側の保育士次第なのです。

利用した人がハッピーになれる取り組み

転職が目的で人材紹介会社のサポートを受けますが、保育士コンシェルには、利用した人がハッピーになれる取り組みがたくさん設定されています。

入社お祝い金制度

保育士コンシェルを通して保育園に就業できた場合、入社日から3ヶ月経過した人に対してお祝い金が支給されます。

転職するとなると、新しいエプロンを買ったり、気分を一新するため何かとお金もかかるものです。

保育士コンシェルでは「おめでとう」の気持ちを込めて雇用形態や、エリアに応じて以下のお祝い金が支給されます。

◇園長職
東京都・神奈川県勤務 \50,000
上記以外の勤務地 \20,000

◆常勤保育士(週30時間以上労働)
東京都・神奈川県勤務 \30,000
上記以外の勤務地 \10,000

◇非常勤保育士(週20時間以上30時間未満の労働)
東京都・神奈川県勤務 \10,000
上記以外の勤務地 \3,000

※非常勤保育士の支給対象者
週20時間~30時間未満(早番・遅番勤務必須)の労働予定
※早番(7:00~7:30)、遅番(18:00以降)の時間帯
※労働時間が週20時間未満の方 又は 早番・遅番以外の時間帯に労働予定の方は支給対象外になります。

出典:保育士コンシェル

東京と神奈川で働くために上京する人には、なんとプラス50,000円もプレゼントされるとのこと。

憧れの都内での保育園を目指している人は、相談してみてはいかがでしょうか。

お友達紹介キャンペーン

あなたの周りに「保育園を退職しようか迷っている」という保育士はいませんか。あなたが保育士コンシェルに登録した上で、お友達を紹介し、転職が決まって働きはじめると、なんと20,000円分の商品券がプレゼント!

入社日から3ヶ月以降にもらえますが、半年以上勤務するなど細かな条件もあるので、あなたも友達もハッピーになれるように、該当する友達がいたら詳細についても聞いてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか。保育園で活用されている「安全伝言板」を作った会社だからこそ、保育園のネットワークや運営についても理解が深いことが伺えます。

非公開求人を狙い、給与アップを目指したい人や、管理職で新たな保育士人生を歩んでみたい人は参考にしてみてくださいね。

シェアする

フォローする