保育士の悪口に耐えられない。人間関係を良好に保つための対処法

あなたの保育園では、常に誰かの悪口を言っている保育士はいませんか。
いつも不満を口にしている人だと分かっていても、悪口を言う回数が増えてくると耐え難いものがあります。

そこで、人間関係を良好に保つための対処法についてご紹介したいと思います。


保育園の中に潜む悪口

最初は聞き流していた悪口も、日に日に内容が悪化し、周りに言いふらして共感を得ることで満足する保育士。

その悪口は保育士のことや、保護者、そして園長がいない時には園長の文句までととどまることを知りません。

でも、特に嫌なのは、一緒に働く保育士の悪口や文句を言われるのは、聞いていられないものですよね。

聞いてしまうと、賛同したことになるし、聞かないと無視したと思われるのも嫌ですし。
なぜ悪口を言う保育士がこんなにも多いのでしょうか。

女性が多い職場ではグループができやすい

保育園は、男性保育士の数は少しずつ増えてきていますが、圧倒的に女性が多く、女性は派閥やグループを作りやすいという習性を持っています。

学生時代、気の合う仲間とグループを組むことで安心感を得た人も多いのではないでしょうか。

社会人は仕事をして給料という対価をもらうので、割り切って仕事をしなければいけません。

しかし、女性が多い職場では、どうしても学生気分が抜けず、いくつになっても女の子なので、いつの間にか派閥やグループを作ってしまうものなのです。

共感は自分のポジションをキープするための手段

職場の中で、気の合う保育士が集まると、悪口というネガティブな情報で共感をし、自分の位置を確保しようとしてしまいます。

それが、子どもたちの成長に関する良いことからいいのですが、悪口でも共感しないと、自分が標的になってしまうため、自分自身を守るための手法でもあるのです。

悪口はいってはいけないことは分かっていても、共感してしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。

「そうだよね」と共感してしまうことで、どんどん悪口の輪に入らざるを得なくなってしまうのです。

悪口を聞く場面に遭遇したら

保育園の中では、悪口や愚痴が全くないという職場はありません。
何かしらの文句や不満が積み重なって、愚痴となる場合もあります。しかし、毎日の仕事の中でお互いにフォローし合えれば、不満が言葉になることがありません。

昼寝の時にぐずって泣いてしまう子。その対応をしていると、他の子も「大丈夫?」と寄ってくる。あれこれ対応してやっとみんな寝てくれた。とホッとした時、
「あの時はフォローできなくてごめんね。実は◯◯ちゃんが・・・」というひとこと言ってもらえるだけで、「大丈夫だよ」という流れになるものです。

このように不満が溜まらないように、信頼関係を保つことが大事なのですが、現実問題、何かのきっかけでボタンを掛け違えてしまうことも少なくありません。

愚痴や不満が、悪口の連鎖にならないようにするためには、相手によって対応を変えるということ。保育園で考えられる悪口になる対象について具体的に考えてみましょう。

子どもや親の悪口

お友達とトラブルが多い子は、どうしても親の育て方について意識がいってしまうものです。

「あの家は、いつもお母さんが怒っているから子どもが落ち着かない」
「お迎えが遅いから寝るのも遅くなるし、お昼寝しないから、他の子に影響が行く」

いい出したらきりがありませんが、それぞれに子どもや家庭の事情が異なるので、何が原因なのかを見つけることを考えるように促してあげましょう。

保育園で落ち着きがない場面が多いのではあれば、好きなことをする時間を増やし、自己肯定感を与えてあげるだけでも、変わってきます。

そしていろいろな見方を聞いて、子どもや保護者に寄り添った保育ができるよう、職員会議の議題に取り上げることを提案してもいいのではないでしょうか。

保育士に対しての悪口の場合

保育士の悪口の場合、仕事に対するものなら相槌を打ちながら、話をさりげなくすり替える方法や、子どもの保育に入ってその場を逃げるということも可能です。

相手はどうしても感情的になって話してくるので、客観的に聞いて感情移住しないようにしましょう。

仕事以外のファッションや、プライベートの話しに対する不満などは、聞くとマイナスな情報を得ることになり、何のメリットも生まれません。

保育園の中でなら、トイレやロッカーにタオルを取りに行く。◯◯ちゃんの様子を見てくるねと理由をつけて、その場を立ち去るのが懸命です。

悪口を言われる立場になったら早めに決断を

気づいたら、あなたが悪口の対象になっていたとしたら、ショックですよね。
子どもたちの命を預かり、保育を行う現場では、信頼関係が一番大事!

今まで聞いてあげた仲間から悪口を言われているかと思っただけでも、精神的に負担がかかってくるものです。

そんな時には、我慢して働き続ける必要はありません。
もし、あなたが悪口の対象になってしまっていたら、園長や主任に相談しても、改善の方向に進むのは難しいでしょう。

なぜなら、火の粉が小さいうちに消せていないからこそ、今の状況になっているためです。

悪口を言う人は、必ず自分も言われる立場になります。
しかし、それを待ちながら働き続けるのも辛いものですよね。

壊れてしまった人間関係を修復することを考えるより、新しい職場でリセットしてみてはいかがでしょうか。

パワハラに発展するケースも

ハラスメントという言葉は、仕事をする上で非常に重要視されるようになってきました。
中でもパワハラは、パワーハラスメントと言い、厚生労働省は以下のように定義しています。

「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」
引用:厚生労働省

職場内での優位性とは、保育園に勤務している年数や、経験年数の違いそして、経験してきた保育園の数などでも順番が作られてしまうものです。

あなたが保育園に入る前から勤務していた保育士や、経験年数が長い保育士に対しては、無意識に先輩や目上という考えを持つことはありませんか。

この立場を利用してパワハラやモラハラなどの、ハラスメントに発展することを注意喚起しているのです。

悪口を共感しなければ、ターゲットが変わる。反論してこないことをいいことに、周りを固めていけば、働きづらくなるのも当然です。

このようなサイクルにならないよう、上手にその場を乗り切るスキルを身につけていくことも重要になってくるのです。

話をさりげなく変える
その場を上手に立ち去る

でも、無理は禁物!
あまりにも人間関係に神経を使い過ぎる場合や、自分がターゲットになってしまった場合は我慢する必要はありません。

転職という手段は、あなたを変えてくれる一つのきっかけになってくれるのではないでしょうか。

人間関係が良い保育園とは

人間関係が良い保育園とはどんな保育園なのでしょうか。
それは、保育士がお互いの個性を尊重し、助け合い信頼できる環境が整っている職場です。

経験年数や、在職年数などの物差しは気にせず、子どもと向き合うことを最優先にする。そのためには、保育士が協力することが一番大事であるということが分かっているのです。

嫌なことがあった場合には、悪口や陰口という形で表現せず、職員会議の場で議題として話し合える環境が根付いています。

当たり前のように思えて、実は難しいことであり、実践しづらいことでもあります。
でも、その人間関係が最初から良い場所で働くことできれば、本当にやりたい保育を実現することもできます。

最初から人間関係が良い職場とは、紆余曲折あっても、現在では立て直しが行われ、保育士の働く環境が整っている場所です。

でも、これは、求人票から読み解くことはできません。
では、どうやって人間関係の良い保育園を探したら良いのでしょうか。

まとめ

保育士の人間関係は今にはじまったことではありません。何十年も前から、保育士同士のトラブルはつきものです。一体何人の保育士が、人間関係に悩み、保育園を去ったことか。

そのような社会問題に目を向け、人間関係が良い保育園を紹介してくれるサービスが産まれました。それが、人間関係が良好な保育園を紹介してくれる転職支援サービスです。

もし、保育園内の悪口に嫌気がさしているなら、

を参考にしてみてくださいね。

シェアする

フォローする