保育士のドロドロとした人間関係。5つのパターンと解決するためのヒント

保育士が退職を決意する理由の一つに、保育園での人間関係が挙げられます。女性が多く活躍する職場だからこそ、ドロドロとした人間関係はつきものですよね。

やがて、疲れてしまい退職の道を選ぶ人も増加傾向に。

退職を決意する前に、人間関係にまつわる対処法を知っていると、違った関わり方ができるものです。

そこで、保育士を取り巻く5つの人間関係と、その対策についてご紹介していきたいと思います。


保育士 VS 保育士

同期入社や、年齢が近い保育士は距離が近くなりますが、その反面、ちょっとした発言でイラッとすることも増えるものです。
子どもに話す時と現実とのギャップがあり過ぎて、「この人とちょっと距離を置きたい」と思うケースや、急な休みの連絡用に作ったグループLINEで、他の保育士の文句が止まらないなど。
仕事の粋を超えるものに対して、不信感から不仲へと意識が変わるのではないでしょうか。

職場の仲間としてマナーを持った関わりを

年齢が近い保育士同士、どう関わったらいいのかと言うと、知人以上、友人未満の関係になってしまっているケースも少なくありません。あくまでも仕事をする職場であることを意識して、マナーを持った関わりを意識することが重要です。

例えば、グループLINEが投稿されても、仕事にまつわる投稿以外には返信はしないことを徹底します。

既読がついてしまいますし、「ノリが悪い人と思われたくない」と思うかも知れませんが、その部分はぐっと我慢。その意思を徹底すれば、いつか「◯◯さんは仕事以外は返信してこない人」と思ってもらえるはずです。

変に賛同したりすると、トラブルに巻き込まれてしまうので、近すぎず遠すぎない距離を維持することが意識しましょう。

先輩保育士 VS 後輩保育士

保育園に就職もしくは、転職したら、その保育園での経験は1年目からスタートという考え方を持つ保育園も少なくありません。

保育園で働く年数とキャリアに応じて、先輩保育士や後輩保育士という位置が確立されるのが女性社会、そして保育園職場の良いところでもあり、悪い部分でもあるのではないでしょうか。

子どもたちの動線に合わせてレイアウトを変更しようものなら、昔から保育園で働いている先輩保育士は「聞いていない。勝手にやった!」とトラブルに発展してしまう可能性も。

先輩や目上、キャリアが上の保育士を立てる意識を

保育士は、キャリアや保育観などプライドが高い人が多いため、自分より下のものが知らないうちに進めることに対して嫌悪感を抱いてしまいます。

これを回避するためには、面倒でも、先輩には必ずお伺いや相談をするようにすると、自分を慕ってくれていると感じてくれ、あなたの評価をあがるというメリットもあります。

「◯◯先生。昨年使った◯◯を探しているんですが、どこにあるか分かりますか」
→◯◯さんなら、この保育園のこと全て知っているからぜひ教えてくださいとう甘え

「◯◯先生、新しいお子さんが年度途中に入ってくるので、レイアウトを見直そうと思っているんですが、先生からアドバイスをお聞きしてもいいですか」
→◯◯さんなら、保育のことを熟知しているので、きっとすごいアドバイスをしてくれるんだろうと期待値を持たせる言い方

伝え方を工夫するだけで、聞いた方も頼られているという感覚が味わえますし、心地よいコミュニケーションにつながるのではないでしょうか。

主任・園長 VS 一般保育士

保育園の人間関係は、ドロドロしている圓と、一般指導員は仲が良いが、管理職との関係が悪いという保育園も少なくありません。それはズバリ、権力主義や、おいしいとこ取り、そして保育士のチームをまとめる力がないため、トラブルになることがあります。

「主任や園長という職だから、掃除は保育士がやるべき」という間違った権力主義を持っている園長も実際は多いのが現実です。そして、嫌なことは保育士に押し付け、保護者がくるとガラリと表情が変わり
「おかあさん!おかえりなさい。今日◯◯ちゃんは、園庭でお友達と泥団子作ったんですよ」と、全く関わっていないのに、窓から覗いていた情報を、あたかも自分が接したかのように話すのを見ると、保育士としては怒り爆発なのは当然です。

これらの管理職に対して不満が溜まってくると、態度に現れるようになりますが、チームをまとめる力がないため、
「保育士なんだから、みんなで協力するのがあなたたちの仕事でしょ」と理論的ではないことを押し付けてくる園長も多いものです。

焦らない、怒らない!自分がしたことは必ず自分に返ってくる

客観性に乏しく、不公平が極まりない園長の言動を気になっているのはあなただけではありません。「ありがとうございます」と微笑んで聞いている保護者も、会社に務める社会人なので、冷静な目で園長の言動をチェックしている人もいます。

抵抗すると、あなたやまわりの保育士の信頼も下がってしまうため、保育園の中では冷静を装い社会人のマナーを守った行動を取ることが重要なポイント!

不本意な態度は、必ず自分自身に返ってくるので、目の前にいる子ども達の成長を感じ取れることに、よろこびややりがいの意識を向けてみてはいかがでしょうか。

保護者 VS 保育士

モンスターペアレンツや、ママカーストという言葉があるように、難しい保護者や、保護者同士の関係も年々深刻になってきています。

「あいさつの仕方が悪い」という些細なことや、「◯◯先生に怒られたと子どもがいっている」というものまで、一度マークされてしまうと、あれもこれもなんでもクレームとして伝えてくるケースも。重大な過失をしたわけでもなく、思い当たる節もないのに、責められたら嫌になりますよね。

園長や主任、先輩に相談しながら助けてもらう

理不尽なクレームや、「うちの子だけ見ていて」「昼寝は毎日1時間半寝かせて」などと言われて戸惑う保育士も多いものです。不本意なお願いをされて戸惑った時は、「できません」や「他のお友達もいるので」と言ってしまうと、激怒してしまうため、「園長に相談してみますね」と伝え、園長に対応してもらうようにするのも一つの方法です。

仕事でのイライラを保育園での様子にこじつけて、クレームとして言ってくる人もいるので、その背景や理由などを見極めて適切な対処が必要になってきます。

一人で悩まないで、先輩保育士に相談したり、管理職に相談した上で対応してもらうなど、保護者に対する悩みは相談できる人に助けてもらうとうまく回避することができますよ。

保護者 VS 保護者のトラブル仲裁

最後は、保護者同士のトラブルに、保育士が巻き込まれてしまうとうケースについてです。

子ども同士のけんかで加害者と被害者がいる場合などは、特に状況の説明を求められたり、保育士としての落ち度はなかったかなど責められることも少なくありません。

また、ママ友の文句を聞いてしまい、どんどんママ同士の構図が明かになってしまうと、子ども達同士が関わることにも気を使わなければいけない状況にも陥ってしまいます。

中立・公平を心がける

保護者同士のトラブルを避けるためには、どちらかの意見に賛同してしまうと、あなたは敵という印象を持たれてしまうので、どんなケースでも中立・公平を心がけて対応するようにしましょう。判断に迷う時にはすぐに主任や園長に相談し、トラブルがエスカレートしないようにアドバイスを貰うことも重要ですよ。

まとめ

いかがでしたか。全ての保育園に上記の人間関係の悩みが存在するわけではありません。中には人間関係の悩みが全くなく、子ども達の密に関われる職場も多く存在します。
人間関係に疲れた時は、無理をせず、自分に合った職場を探すことも有効な手段の一つです。あなたのやりたいことは悩むことではなく、子ども達と一緒に成長することですよね。

人間関係が良い保育園で働くなら

応募する時点で人間関係重視の保育園を紹介してくれるのが保育エイドの最大の特徴です!

シェアする

フォローする