保育士の腰痛は甘く見てはダメ!日々のメンテと予防のポイント

日々の保育の中では、子どもの目線と同じにするため、立ったり、座ったり、そして時には中腰やおんぶに抱っこなど、腰を酷使するものです。そして、気づいた時には腰痛が悪化してしまい、病院に通うことになったら、治療費もバカになりません。

腰痛の痛みは体験した人でないと分からないものですが、保育士として働く人は、いつ腰に痛みを覚えてもおかしくないので、日頃から体をメンテナンスすることが重要です。

そこで、手軽にできる保育士の腰痛対策についてご紹介したいと思います。


腰痛で労災に認定されるケースは少ない

保育士の職業病の一つでもある腰痛は、病院に通うことになっても、労災の認定が下りるケースはほとんどありません。

以下は厚生労働省が労災を認定している要件ですが、認定要件について見ていきましょう。

災害性の原因による腰痛
負傷などによる腰痛で、以下の①、②の要件をどちらも満たすもの
① 腰の負傷またはその負傷の原因となった急激な力の作用が、仕事中の突発的な出来事によって生じたと明らかに認められること
② 腰に作用した力が腰痛を発症させ、または腰痛の既往症・基礎疾患を著しく悪化させたと医学的に認められること

災害性の原因によらない腰痛
突発的な出来事が原因ではなく、重量物を取り扱う仕事など腰に過度の負担のかかる仕事に従事する労働者に発症した腰痛で、作業の状態や作業期間からみて、仕事が下忍で発症したと認められるもの

引用:厚生労働省

上記の認定要件から、労災認定されるのは以下のケースになると想定されます。

  1. 子どもたちを抱っこまたはおんぶした状態で、転倒し腰を打ってしまった場合
  2. 行事の準備や脚立を使って片付けなどを行っていた時に転倒し、腰を打ってしまう時など

災害性の原因による腰痛として医師が診断した症状以外は労災の適応外になってしまうのです。

ちょっと腰が痛いと思ったのをそのまま放置してしまい、結果的に通院することになっても、労災にならないため、治療費を本人が負担しなくてはいけません。

定期的に通うとなると、治療費もかかってしまうので日頃から体をメンテナンスすることが重要になってくるのです。

それでは具体的にどのようなことに気をつけていけばよいのかについて確認していきたいと思います。

よこ座りは腰に負担がかかる原因にも

腰痛になってしまう原因の一つとして、長時間同じ姿勢をキープしてしまうため、腰の筋肉が固くなってしまいます。子ども達と一緒に遊ぶ時に、床に直接座ったり、あぐらや、よこ座りなど、バランスの悪い姿勢で過ごすことも多いのではないでしょうか。

これらはほぼ、毎日と言ってもいいほど、腰に負担のかかる姿勢を取ってしまっているので注意しなければいけません。

では、どうしたら良いのかというと、小さな園児用の椅子などに座り、腰に負担をかけない姿勢を意識することが重要です。

各クラスには必ず椅子があると思うので、保育室に入ったら椅子の位置を確認しつつ、子ども達が落ち着いて遊び始めたら、椅子を移動させながら、猫背にならない姿勢を心がけましょう。

腰痛に悩む保育士の中では、ポピュラーな対策になっているかも知れませんね。

トイレや休憩の時にはストレッチ

気づいた時には腰が固まってしまったり、血液の流れが悪くなっていることも多々あります。そこで、トイレや休憩の時を利用してストレッチして体をほぐしてあげましょう。

やり方はいろいろな方法がありますが、腰回りを気持ち良い位に伸ばしてあげる程度でOKです。

体を心地よく伸ばしてあげたら、背筋が伸びている状態なので、その姿勢をキープするようにしましょうます。それは、猫背になってしまうのを防ぐためです。

ストレッチする時には、反動をつけて強い力で伸ばしてしまうと、逆に腰を痛めてしまう可能性もあるため、注意が必要です。

下記にも記載しますが、痛みがなくとも体は歪んでしまうので、定期的に整体に通ってメンテナンスを行いながら、あなたにあったストレッチの仕方をアドバイスしてもらうのも有効です。

腰回りを回したり、肩甲骨をまわりをほぐすというストレッチは、体が少し楽になる他、リラックス効果も期待できるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

定期的に整体で体の歪みを取る

痛みがあってはじめて体のメンテナンスを考える人も多いかもしれませんが、実は姿勢の悪さなどから左右のバランスが崩れてしまうことも多いものです。

そのため、痛くなってから通うのではなく、痛くなるまえに月に1回や2週間に1度でも良いので、自分の体へのご褒美DAY を作ってみてはいかがでしょうか。

腰痛対策として整体に通っている保育士は結構多いんですよ。

整体に行くなら、シフトの調整ができる保育園や、福利厚生が充実している圓は、定期的なメンテナンスが受けられる環境です。
整体・整骨院をお探しなら整骨院Navi

症状に合わせてコルセットやシップを活用

以前から腰痛に悩んでいる人は、症状に合わせてコルセットや、骨盤ベルトを使ってみてはいかがでしょうか。洋服の下に装着するので見えることもなく、体を固定してくれるので痛みを和らげてくれる効果も期待できます。

一度病院で腰痛の診断を受けた人や、整体に通っている人は、あなたの症状に合ったものをドクターからアドバイスしてもらいましょう。

腰回りにつけるので、姿勢の乱れによる痛みがなくなりますし、お腹周りを温めることもできるので一石二鳥。

また、症状に合わせて温湿布と冷湿布も常備しておくと良いでしょう。
慢性的な痛みを持っている人は、温湿布、ぎっくり腰などの急激な痛みには冷湿布で患部を冷やすのが有効です。

コルセットや骨盤ベルト、そしてシップなどはもしもの時に役立つのでぜひチェックして準備してみてくださいね。

厚生労働省が策定した腰痛対策

厚生労働省は働く人の腰痛対策として、介護施設と保育施設で注意換気を行う資料を作成しました。それによると、保育施設での腰痛予防のポイントとして以下のように定義しています。

保育施設における予防対策を考える上では、保育士と園児との身長差が大きく、保育士が中腰姿勢や前傾・前かがみ姿勢をとりがちになることを考慮する必要があります。腰部に負担のかからない正しい作業姿勢・動作の基本は次のとおりです。

  1. 保育士が園児に近い位置で正対してしゃがみ、近づいて、前かがみ・ひねりなどを避ける
  2. 腰椎の生理的前弯を保持した姿勢(パワーポジション)で作業することを習慣化する
  3. 適宜、腰痛予防体操を行うなど

参考:厚生労働省

そして具体的な例として以下の場面におけるポイントをまとめました。

これだけのシーンで腰痛になる危険性が潜んでいることを考えると、日々のメンテナンスや意識した対策は必要不可欠なのではないでしょうか。

シチュエーション別腰痛対策

厚生労働省が作成した「社会福祉施設における安全衛生対策」によると、保育施設における予防対策として、9つの場面を想定して腰痛予防のための注意啓発を行っています。

それはどのような場面なのでしょうか。

  1. おむつ交換
  2. トイレ介助・指導
  3. 授乳
  4. 食事介助・指導
  5. 沐浴・シャワー
  6. 赤ちゃん体操
  7. ベビーカーによる散歩
  8. 散歩・外遊び
  9. 事務作業

どれも、腰に負担がかかるものばかり。厚生労働省はその場面に応じて具体的に対策のポイントについても紹介しています。

1,おむつ交換

・おむつ交換台を利用して作業面の高さを上げれば、前かがみ姿勢を軽減できます。
・床上でおむつを換える時は、両足を開いて座った姿勢で作業を行えば、正座で作業をするときに比べて作業時の前かがみ姿勢を緩やかにできます(膝や股関節に痛みのあるときは、膝や股関節が強くねじれたり強く曲がるのを避けるため、お尻の下に適度な高さのクッションを入れてください)。

2,トイレ介助・指導

・保育士は、深くしゃがんで園児を自分の体の近くでかかえてから園児を上げ下ろします。
・保育士がしゃがむことをためらわないよう、トイレは常に清潔を保ちましょう。
・汚物槽の高さ・深さを保育士の身長に応じて改修してください。汚物槽の周囲は広い空間を確保し、不自然な姿勢(足を開いて立てない、体をひねらなければならないなど)で作業を行うことのないようにしなければなりません。

3,授乳

・肘掛・背もたれのある椅子・ソファーなどに座って行うことが腰背部の負担軽減に有効です。
・この時、椅子の座面の高さが高すぎる・低すぎることのないよう、保育士の体格に合わせて調整できるようにするとよいでしょう。

4.食事介助・指導

・不自然な姿勢を取らなくても作業ができるよう、保育士・園児の座る位置や担当する園児数を設定します。

5,沐浴・シャワー

・濡れてもよい服装で作業を行います。
・沐浴では、浴槽の高さを調節し、保育士が前かがみ姿勢のまま園児の沐浴を行うことのないようにしなければなりません。
・自立歩行が可能な園児には、浴槽・シャワー室に自ら入ることを促します。

6,赤ちゃん体操

・前かがみ姿勢による腰背部の負担を減らすためには、赤ちゃん体操を作業台の上で実施することや、保育士が下肢開脚座位(両足を広げて座る)・跪坐(つま先を立てた正座)姿勢で行うことなどが効果的です。
・乳児を上げ下ろしするときは、跪坐のような立ち上がりが容易な姿勢で行います。

7,ベビーカーによる散歩

・園児が自ら乗り込むことのできるベビーカーを導入することにより、保育士が園児を上げ下ろしする必要がなくなります。
・スムーズな走行ができるように、定期的に整備を行います。
・凹凸の無い平坦な道を選んで走行します。
・園児を乗せたまま坂道を走行することは避ける必要があります。

8,散歩・外遊び

園児を抱える・おぶう・肩車をする、園児に突然追突される・ぶら下がられるなどにより、腰背部に急に、あるいは慢性的に負担がかかります。

・上記のような行為を避けるよう園児を注意したり、保育士自らが注意する必要があります。

9,事務作業

・床に座ったり、園児用の小さな机・椅子を使ったりせず、成人用の机・椅子に座って作業
を行います。

引用:厚生労働省

皆さんも、上記の場面では特に、腰に負担のかからない姿勢やストレッチなどを行い、症状が悪化しないようにしてみてくださいね。

無理は禁物!助けあえるような関係づくりを

いろいろな腰痛対策をご紹介しましたが、どんなに対策を講じても、ぎっくり腰になってしまう時や、慢性的な腰痛の痛みがひどい時もあるものです。

そんな時には痛みを我慢しながら保育するのではなく、保育士に助けてもらい、重いものを持ってもらったり、楽な姿勢をキープできるように協力してもらうのも重要なポイント!

そのためには日頃から保育士同士でコミュニケーションをしっかりとり、もしもの時に助け合える関係を作ることが大切になってきます。

「◯◯先生。今日、腰の調子が悪いから、いつものように動けないかもしれないけど、動ける時にがんばるから、今日はフォローしてもらえる?」
「大丈夫?この前私も助けてもらったから、今日は私が◯◯先生を助けるね。任せといて」

と、お互いに助け合える関係ができるのが理想ですよね。

体調が悪い時に無理は禁物なので、上手に保育士に甘えながら役割分担をしてみてくださいね。

ひどい場合は動きの少ない保育施設の検討も

保育士という仕事は常に腰に負担がかかる作業が多いため、気をつけていても慢性化してしまうものです。

腰痛がひどいするようなら、小規模保育所や企業内保育所など、イベントが少ない保育施設を選ぶと、腰への負担を少し減らせるのではないでしょうか。

長く子どもたちと関わるためにも、あなたの症状に合わせた職場選びも必要ですよ。

まとめ

いかがでしたか。子ども達の保育は体力勝負なので、体の隅々まで日頃から意識を向けていないと、気付いた時には症状が悪化しているということも。

毎日の生活の中でも腰回りをほぐしたり、症状に合わせてシップを使い分けるなどすると、慢性的な腰痛に悩まされることも減るかも知れません。ぜひ参考にして取り入れてみてくださいね。

シェアする

フォローする